タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム理科教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23003710 
科目名   理科の内容構成開発と実践A  
担当教員   鎌田 正裕,前田 優,山田 道夫,吉原 伸敏,平田 昭雄  
対象学年   1年   クラス   02  
講義室   理実二     開講学期   秋学期  
曜日・時限   水6   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1S34 
到達目標 小学校理科A区分、中学校理科第1分野および高等学校理科物理・化学領域の内容に関連する各専門領域における学術研究の成果を、教育実践的な視点で捉え直す力の育成を目的とする。  
授業の概要 小学校理科A区分、中学校理科第1分野および高等学校理科物理・化学領域の内容と指導法の有機的連携。
1. 当該教科の意義とカリキュラム編成の基本【教科教育教員(M)・教科専門教員(S)】
2. 当該教科の教材と実践例【教科教育教員(M)・教科専門教員(S)】
3. 学問の成果と当該教科の教育を架橋する【教科専門教員(M)・教科教育教員(S)】
4. 個々のチームでの研究成果を発表し、研究内容を相互に批判・検討する【教科専門教員(M)・教科教育教員(S)】
5. 再度チームに分かれ、研究内容をどのように授業実践に結びつけるかを指導案に具現化する形で検討を深める
【教科専門教員(M)・教科教育教員(S)】
6. 個々のチームの成果の発表・模擬授業・相互批評など【教科教育教員(M)、教科専門教員(S)】 
授業計画(授業形態) 受講者の実態に応じて内容の軽重や順番の調整が行われる場合がある。
内容
1当該教科の内容(小学校理科A区分、中学校理科第1分野および高等学校理科物理・化学領域)の意義とカリキュラム編成の基本
2当該教科の内容の教材と実践例
3学問の成果と当該教科の教育を架橋する①:小学校理科A区分を中心に
4学問の成果と当該教科の教育を架橋する②:中学校理科第1分野を中心に
5学問の成果と当該教科の教育を架橋する③:高等学校理科「科学と人間生活」の物理・化学領域を中心に
6学問の成果と当該教科の教育を架橋する④:高等学校理科「物理基礎」「化学基礎」を中心に
7学問の成果と当該教科の教育を架橋する⑤:高等学校理科「物理」「化学」を中心に
8チーム内での研究成果の発表、研究内容の相互批判・検討<1:小学校理科A区分を中心に>
9チーム内での研究成果の発表、研究内容の相互批判・検討<2:中学校理科第1分野および高等学校理科「科学と人間生活」の物理・化学領域を中心に>
10チーム内での研究成果の発表、研究内容の相互批判・検討<3:高等学校理科「物理基礎」「物理」および「化学基礎」「化学」を中心に>
11指導案への具現化(再度チームに戻り、研究成果をどのように授業実践に結びつけるかを、指導案に具現化する形で検討を深める)<1:小学校理科A区分および中学校理科第1分野を中心に>
12指導案への具現化(再度チームに戻り、研究成果をどのように授業実践に結びつけるかを、指導案に具現化する形で検討を深める)<2:高等学校理科物理・化学を中心に>
13個々のチームの成果の発表・模擬授業・相互批判など(1):小学校理科A区分を中心に
14個々のチームの成果の発表・模擬授業・相互批判など(2):中学校理科第1分野および高等学校理科「科学と人間生活」の物理・化学領域を中心に
15個々のチームの成果の発表・模擬授業・相互批判など(3):高等学校理科「物理基礎」「物理」および「化学基礎」「化学」を中心に
テキスト 小学校学習指導要領、中学校学習指導要領、高等学校学習指導要領、他、適宜指定。  
参考文献 小学校学習指導要領解説理科編、中学校学習指導要領解説理科編、高等学校学習指導要領解説理科編、他、適宜指定 
学生に対する評価(評価の重点) 平常点(主体的・積極的な授業への参加姿勢)40%、レポート60%。  
履修制限等 履修制限はない。履修者個別に探究テーマを設定して活動する。 
授業のテーマ  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) Teamsを用いたライブ配信を行う。受講者による成果報告もTeamsでの口頭発表である。  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.