タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム社会科教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23003230 
科目名   社会科の実践演習Ⅱ  
担当教員   赤間 祐介,大澤 克美,中村 康子,田中 比呂志,小嶋 茂稔,宿谷 晃弘,浅野 智彦,山口 恵子,椿 真智子  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   S203    開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SPプログラム科目 
備考  原則として社会科教育サブプログラム生のみ履修可、1年履修生、14条特例履修生、長期履修生は1年次に履修可 
ナンバリング   3F2S12 
到達目標 <学卒院生>
多様な授業記録や関係文献などの資料、今求められる授業や評価の改善に関わる課題に基づき、特定の学校で行った実習や模擬授業・授業観察等の省察を行い、実践演習Ⅰで設定した課題を軸に学校や地域の現状も踏まえつつ成果と改善点を明確化にする。そこでの一連の考察を通して、課題研究Ⅱのテーマと研究内容を焦点化すると共に、文献調査、教材や授業の分析、多面的・多角的な評価の方法等を身に付け、研究方法を具体化することができる。

<現職院生>
多様な授業記録や関係文献などの資料、今求められる授業や評価の改善に関わる課題に基づき、所属校での授業実践や模擬授業・授業観察等の省察を行い、実践演習Ⅰで設定した課題を軸に所属校やその地域の現状も踏まえつつ成果と改善点を明確化にする。そこでの一連の考察を通して、課題研究Ⅱのテーマと研究内容を焦点化すると共に、文献調査、子ども理解、教材や授業の分析、多面的・多角的な評価の方法等を身に付け、研究方法を具体化することができる。また、所属校や各種の研究会の授業研究において習得した方法を活用し、授業研究の改善などについて提案することができる。 
授業の概要 授業観察及び授業記録に基づく授業の分析・解釈・評価の方法、学校・地域及び子どもの状況・特性の理解、課題研究に関わる教材研究及び模擬授業に基づく授業研究の方法等についての理解とスキルの向上 
授業計画(授業形態) 授業計画 教育:教科教育教員 専門:教科専門教員
内容
1オリエンテーション、実習等の授業観察や実践演習Ⅰの振り返り(M:教育 S:専門)
2観察・実施した授業、文献上の授業を課題研究に基づく観点から分析・考察(同上)
3分析・考察の結果に関するグループ協議、課題への対応・改善方法の明確化(同上)
4課題研究に関わる学習対象の研究(教材研究)の課題を報告・協議(M:専門 S:教育)
5教材研究に関する課題を集約してグループを構成し、資料・情報の収集と考察(同上)
6個々に学習対象に関する教材研究を進め、適時専門性をもつ教員に相談(同上)
7各グループでメンバーの研究成果について報告・協議し、研究内容を修正・改善(同上)
8全体に向けて研究内容の骨子や論理展開を発表し、相互評価を実施(同上)
9上記を踏まえて研究的な単元計画を構想し、概要を報告(M:教育 S:専門)
10上記の構想に関わる観点を定めて授業VTRの視聴、附属等での観察を実施(同上)
11上記の構想に関わる観点を定めて授業VTRの視聴、附属等での観察を実施(同上)
12課題研究のテーマを踏まえて単元計画を確定し、学習指導案を作成(同上)
13各グループでメンバーの学習指導案を検討し、模擬授業候補者を選出(同上)
14全体で模擬授業を実施し、授業者設定の観点に基づく協議会を2回実施(同上)
15自己の課題研究に向けた授業研究の計画・内容・方法を総括し報告(同上)
テキスト 小学校学習指導要領社会(平成29年3月告示 文部科学省)               
小学校学習指導要領解説 社会編(平成29年6月 文部科学学習)
中学校学習指導要領社会(平成29年3月告示 文部科学省)
中学校学習指導要領解説 社会編(平成29年6月 文部科学学習)
高等学校の地歴科・公民科については現在未公示 
参考文献 授業中に個々のあるいはグループの授業研究及び教材研究に必要な書籍、報告書等は適時知らせ、資料も適時配付・提示する。 
学生に対する評価(評価の重点) 課題研究に関する教材研究報告、作成した学習指導案、全体の総括に基づくレポートで実施 
履修制限等 備考欄を参照 
授業のテーマ 社会科 地理歴史科 公民科 教育課程 教育実習 教材研究 課題研究 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) ライブ配信で会議型で行うことを基本とします。資料の配布や提出には昨年度の実践演習Iと同じく、WebClass を積極的に活用します。なお、状況が許せば一部を対面形式で行うことも検討しています。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.