タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-教科領域指導プログラム国語教育SP
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23003010 
科目名   国語科授業の指導と評価  
担当教員   齋藤 ひろみ,中村 和弘  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   S201    開講学期   春学期  
曜日・時限   水6   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SPプログラム科目 
備考   
ナンバリング   3F1S04 
到達目標 学卒院生
 国語科の現代的な課題を知り、指導案作成・模擬授業などを通して、その課題に対応する専門性、実践力を身につける。
現職院生
 国語科の現代的な課題を知り、学卒院生とともに指導案検討・模擬授業の分析などを通して、自らの実践を振り返り、専門性、実践力をさらに高める。
 
授業の概要 ・国語科の学習指導計画の作成と評価に関し、新指導要領とその解説、関連文献等を参考に理解を深める。
・小学校・中学校・高等学校の国語科教育の各領域に関し、実践を対象とした研究論文などをもとに授業作りにおける評価と指導との関係について検討する。
・指導計画を作成し、模擬授業を実施し、実践における具体的課題として明確化する。
・上記活動から、実習(学卒院生)や現場での教育活動(現職院生)を内省し、改善方法を探る。 
授業計画(授業形態)
内容
1国語科の現代的課題、新学習指導要領の改訂のポイント
2国語科の授業づくりにおける指導と評価 
3話すこと・聞くこと領域における指導と評価  実践事例をもとに検討
4話すこと・聞くこと領域における指導と評価  学習指導計画の作成
5話すこと・聞くこと領域における指導と評価  模擬授業
6書くこと領域における指導と評価 実践事例をもとに検討
7書くこと領域における指導と評価 学習指導計画の作成
8書くこと領域における指導と評価 模擬授業
9読むこと領域における指導と評価 実践事例をもとに検討
10読むこと領域における指導と評価 学習指導計画の作成
11読むこと領域における指導と評価 模擬授業
12伝統的な言語文化及び国語の特性に関する事項における指導と評価 自薦事例鞆音に検討
13伝統的な言語文化及び国語の特性に関する事項における指導と評価 学習計画の作成
14伝統的な言語文化及び国語の特性に関する事項における指導と評価 模擬授業
15国語科の授業の改善点-今後の実習・授業実践に向けて-
テキスト 小学校・中学校・高等学校の「国語科学習指導要領」とその解説 
参考文献 授業で適宜示す。 
学生に対する評価(評価の重点) 授業中のディスカッション等の活動への参加(20%) コメントシート(40%) 模擬授業(40%)、授業の振り返りレポート(20%) 
履修制限等 なし 
授業のテーマ 国語科の授業実践力の向上 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 基本的には対面で実施する。講義等を利用する。教室については、webクラスで伝える。 
ただし、状況に応じてオンライン(teams)、ハイフレックス(対面と一部受講者のオンライン(zoom))などで実施する可能性もある。 
その他 授業に関する連絡は、webクラス、ポータルメールで行う。必ずチェックすること。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.