タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-総合教育実践プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23002270 
科目名   授業成立の基礎技術  
担当教員   山田 雅彦  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室2   開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1P14 
到達目標 あらゆる教育活動の基礎となる、児童生徒による「学習者としての自己規制」の意義とその自己規制を促す方途、いわば「授業成立の基礎技術」について、受講者に体験的活動を求めるワークショップ形式で学習し、基礎的な技術の原理を理解する。
この「基礎技術」は、主として授業者各人の個性に応じた身体技法として獲得、継承されるとの立場から、受講者各自の身体技法を意識化し、話し言葉によるコミュニケーションをめぐる各自の課題と課題解決の方法についての見通しを持てるようにする。  
授業の概要 主に演劇、演芸の領域で蓄積されてきた技能向上のための体験的活動を用いて、基礎的なコミュニケーション力の向上を図るとともに、受講者各自のコミュニケーションの特徴(癖)を発見し、活かすべきところ、あらためるべきところを意識化する機会をもうける。
あわせて、受講者が体験する活動が集団ゲームとしても活用可能であることを考慮して、学習指導要領における「学級活動」等で児童・生徒とともにゲーム的な活動をする際の留意事項についても講じる。  
授業計画(授業形態) 過去の平均的な授業スケジュール。状況により順序や内容に変更がありうる。
内容
1オリエンテーション
2鵜呑みにする主体性・ペースに巻き込む
3声と姿勢の呼吸法
4言葉を手渡す
5言葉を惜しむ
6サイレントの力
7大事なことから話す(エレベータートーク)
8リズムとメロディ
9「じゃないこと」を言う
10息を合わせる・人の身になる
11ついていく
12フォーカスの取り合い
13受け容れるとゼロになる
14受け容れて意味を変える
15ゲームは劇物
テキスト 山田雅彦『授業成立の基礎技術-「教壇芸人」への道-』東京学芸大学出版会、2012年、1800円+税  
参考文献 講義中に随時紹介する。 
学生に対する評価(評価の重点) 各回の授業終了後に(原則としてweb入力で)提出する「ふり返りシート」を主な評定対象とする(80%)。これに受講態度を加味(20%)して成績とする。
「ふり返りシート」の評定に際しては、(1)講義内容の理解、(2)講義内容の評価(受講者自身にとっての意義や改善の可能性の指摘)、(3)授業者各自の身体技法等に関する気づき、を主な観点とする。ただし、想定外の事態が生じた場合の処置は授業担当者の裁量による。  
履修制限等 ワークショップという形式上、受講者数に制限をもうけることがある。総合教育実践プログラムの学生を最優先する。 
授業のテーマ アクティブ・ラーニング、グループ学習、発表会、ディスカッション  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 対面を原則とする。ただし、受講者数によっては遠隔を併用する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.