タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-総合教育実践プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23002240 
科目名   総合的な学習の時間の授業理論と実践的指導法  
担当教員   大村 龍太郎  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室2   開講学期   春学期  
曜日・時限   木5   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1P14 
到達目標 【学卒院生】
「総合的な学習の時間」設置までの経緯やその後の変遷、また、その間、教育観によってどのような授業理論が生まれたかを理解するとともに、単元構想力、授業計画力を高め、実際の指導や省察をイメージできるようにする。

【現職院生】
これまでの実践と結び付けながら、「総合的な学習の時間」設置までの経緯やその後の変遷、また、その間、教育観によってどのような授業理論が生まれたかを理解する。その上で、総合的な学習の時間の実践的な単元構想力、授業計画力、指導力を高める。  
授業の概要 「総合的な学習の時間」を大きく「設置背景及び変遷編」「理論編」「実践編」の3つで構成し、概観及び理論の理解と実践力の向上を図る。第4回以降を実践編とし、第4回~6回は、担当者が準備した実践記録の子どもの姿をもとにその授業について検討する。第7回~第14回は、受講者それぞれが輪番で単元及び一単位時間の授業を構想・提案し、それについて全員で検討を行う。小・中それぞれの検討を行うことで、その違いや発展性も考察する。  
授業計画(授業形態) 第1回:本講座の目的と方法 -「総合的な学習の時間」のイメージを交流しよう-
第2回:「総合的な学習の時間」誕生の背景と変遷 –初期社会科から総合学習、そして領域化-
第3回:「総合的な学習の時間」の授業理論群 -何によってどのような授業理論が用いられるか-
第4回:「総合的な学習の時間」の指導の実際 -小学校中学年における実践記録をもとに-
第5回:「総合的な学習の時間」の指導の実際 -小学校高学年における実践記録をもとに-
第6回:「総合的な学習の時間」の指導の実際 -中学校における実践をもとに-
第7回:「総合的な学習の時間」の単元づくり(または実践記録分析)
第8回:単元検討会 -小学校中学年の単元構想をもとに-
第9回:単元検討会 -小学校高学年の単元構想をもとに-
第10回:単元検討会 -中学校の単元構想をもとに-
第11回:「総合的な学習の時間」の授業づくり(または先行実践記録分析)
第12回:授業検討会 -小学校中学年の授業案をもとに-
第13回:授業検討会 -小学校高学年の授業案をもとに-
第14回:授業検討会 -中学校の授業案をもとに-
第15回:総括 -これまでをふりかえって-
(定期試験は実施しない。受講者数や受講者の興味・関心により、計画変更の可能性あり。)  
テキスト 文部科学省『小学校学習指導要領解説 総合的な学習の時間編』平成29年6月、平成20年8月。
文部科学省『中学校学習指導要領解説 総合的な学習の時間編』平成29年7月、平成20年9月。  
参考文献 平野朝久『はじめに子どもありき』学芸図書、1994年。
中野真志・加藤智『生活科・総合的学習の系譜と展望』三恵社、2018年。
堀真一郎『自由学校の設計』黎明書房、1997年。
寺尾慎一編『生活科・総合的学習重要用語300の基礎知識』明治図書、1999年。
田村学『授業を磨く』東洋間出版社、2015年。
他、適宜資料を配布する。  
学生に対する評価(評価の重点) 毎回の授業の最後に提出する小レポート(ふりかえりシート)の記述(50%)、
構想した単元・授業案または実践検討レポート(50%)  
履修制限等  
授業のテーマ 総合的な学習の教育観・学習観、観の違いによる単元・授業・指導法の違い  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 基本は対面ですが、受講人数と新型コロナ感染拡大状況によってZOOMを使ったオンライン授業に切り替えることがあります。詳細は4月の授業前にWEBCLASSにてお知らせしますので、必ず確認してください。 
その他 受講者の学びの様子や興味・関心に応じて、計画が多少前後したり変更したりすることがあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.