タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-総合教育実践プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23002230 
科目名   教育ファシリテーターの育成  
担当教員   矢嶋 昭雄,増田 謙太郎  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室1   開講学期   秋学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1P14 
到達目標 <学卒院生>
○ 学校現場に求められるファシリテーターとしての役割やスキルについて理解し、学校組織や教職員の協働体制の構築に必要な合意形成や課題解決の技法を身につけることができるようになる。
○ 学校経営の基礎を理解した上で、組織の一員としての職務のありかたを考えつつ、ファシリテーターの基本を身につけ、実践で生かそうとする態度を身につけることができるようになる。
<現職院生>
○ 学校現場に求められるファシリテーターとしての役割やスキルについて理解し、学校の中核的役割を果たす立場から、協働的かつ効率的な校内組織の構築に向けた技法を身につけることができるようになる。
○ 学校教育ファシリテーターのありかたに基づいて、自らの学校はもとより他の学校や地域においても、今日的な課題に対して具体的な改善策を提案し、指導・助言をすることができるようになる。 
授業の概要 同僚の支援者、促進者として、教職員の多様な力が生かせる組織づくりを進めながら、問題の所在を明らかにし、場をつなぎ、取り持ち、まとめる中で、学外との連携も図りつつ、学校を活性化させ、教職員同士の学びを促進、援助できる教師を育成する。そのための支援や連携のあり方に関する様々な理論を学び、理論に基づいた実践のあり方を検討する。 
授業計画(授業形態) 第2回から第8回を「基礎充実期」、第9回から第15回を「応用発展期」とします。
内容
1オリエンテーション(ねらい、授業計画、評価、分担等についての説明)
2教育ファシリテーターとチーム・ビルディング
(講義・演習)
3教育ファシリテーターとアクティブ・ラーニング
(講義・演習)
4ファシリテーションの技法
(講義・演習)
5学習指導とファシリテーション
(講義・演習)
6生徒指導・特別支援教育とファシリテーション
(講義・演習)
7校内組織運営とファシリテーション
(講義・演習)
8ワークショップに向けて
(講義・演習)
9ワークショップ企画1
(グループワーク)
10ワークショップ企画2
(グループワーク)
11ワークショップ実践1
(演習)
12ワークショップ実践2
(演習)
13ワークショップ実践3
(演習)
14ワークショップ実践4
(演習)
15授業のふりかえり
テキスト 特に定めません。 
参考文献 ○ 青木将幸(2012)『市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門』ハンズオン埼玉
○ 中野民夫監修、三田地真実著(2013)『ファシリテーター行動指南書 -意味ある場づくりのために-』ナカニシヤ出版
○ 岩瀬直樹・ちょんせいこ著(2011)『よくわかる学級ファシリテーション① かかわりスキル編』解放出版社
○ 岩瀬直樹・ちょんせいこ著(2011)『よくわかる学級ファシリテーション② 子どもホワイトボード・ミーティング編』解放出版社
○ 岩瀬直樹・ちょんせいこ著(2013)『よくわかる学級ファシリテーション③ 授業編』解放出版社
○ 石川一喜・小貫仁編著(2015)『教育ファシリテーターになろう!』弘文堂
○ 青木将幸(2018)『深い学びを促進する ファシリテーションを学校に!』ほんの森出版
他、授業中に適宜紹介します。 
学生に対する評価(評価の重点) 授業におけるディスカッション等への取り組みや、ワークショップなどの演習におけるプレゼンテーションなどのパフォーマンスをもとに評価します。 
履修制限等 特に設けません。
ただし、対面授業での「密」を避けるため、受講者数が多い場合には、修士課程の方の受講を遠慮いただくことがあります。 
授業のテーマ ファシリテーション チーム・ビルディング アイスブレイク 場づくり 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) この授業は、ファシリテーションについて実践を通して学ぶことがねらいとなるため、原則として対面型で実施します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.