タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-総合教育実践プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23002220 
科目名   人間形成と道徳教育の諸課題  
担当教員   永田 繁雄,齋藤 嘉則  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室3   開講学期   秋学期  
曜日・時限   月6   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1P14 
到達目標 〈学卒院生〉
○児童生徒の心の成長や教育の諸課題を人間形成と結びつけて考えたり、我が国の道徳教育の経緯や外国の道徳教育の概要を検討したりして、人間形成の視点から道徳教育の課題について考えを深めることができる。
○人間形成や道徳性発達の諸理論と道徳教育指導理論を基にした様々な授業展開論から、各自が関心をもつ指導理論について探究し、そのよさを見出して、今後に生かすための知見や方法を得ることができる。
〈現職院生〉
○児童生徒の心の成長や教育の諸課題を人間形成と結びつけて考えたり、我が国の道徳教育の経緯や外国の道徳教育の概要を検討したりして、人間形成の視点から、私たちが取り組むべき道徳教育の具体的な課題をもつことができる。
○人間形成や道徳性発達の諸理論と道徳教育指導理論から描き出される授業展開論から、各自が関心をもつ指導理論について探究し、その特色を理解し、今後に生かすための知見や方法を修得することができる。 
授業の概要 ◇本授業では、心の教育の基盤となる人間形成論や、学校教育の諸課題に着眼して、道徳教育を多面的に見る力を養うことを主眼とする。そのために、学校教育をめぐる小・中・高等学校段階の児童生徒の現状や社会的な課題に着眼するともに、その歴史や諸外国の授業展開も検討する。
◇その上で、それらが背景となった各種指導理論の中から自身が着眼したい考え方や授業の在り方を探究し、交え合うことで、柔軟な授業実践力を培う機会となるようにする。そのため、本授業は常に現在の道徳教育の具体的な取組との関連的な見方を深められるように配慮する。
※なお、受講者の関心や問題意識等に基づき、テーマの扱いの重点化や順序の変更を考慮することもある。 
授業計画(授業形態)
内容
1全体の導入………………子供たちの心の成長危機と人間形成の諸課題(講義・全体討議)
2身近な課題から…………家庭や地域の心の教育・道徳教育(講義・演習)
3教育課題を重ねる①……人権教育の視点から見る人間形成と道徳教育(講義・演習)
4教育課題を重ねる②……情報化社会の中(AI・Society5.0等)での人間形成(講義・演習)
5教育課題を重ねる③……環境問題、キャリア教育を視野に入れたSDGsと人間形成(講義・演習)
6外国の様々な教育①……アメリカの人格教育・道徳教育~2つの潮流(講義・演習)
7外国の様々な教育②……韓国の道徳教育・イギリスのシチズンシップと我が国の教育(講義・演習)
8基礎的書籍読み解き①…人間形成(道徳教育)の研究書籍での学びの交流(グループ協議)
9基礎的書籍読み解き②…道徳教育(人間形成)の諸理論に関する学びの交流(グループ協議)
10発達論の視点から………子どもの成長発達と人間形成の教育・道徳教育(講義・演習)
11道徳教育の経緯①………修身科による戦前の道徳教育の確立と破綻(講義・演習)
12道徳教育の経緯②………道徳の時間の特設と戦後の半世紀(講義・演習)
13道徳教育の経緯③………平成30年と道徳の「特別の教科」化(講義・演習)
14道徳教材の検討…………多彩な教材の活用・開発と心の教育の展開(講義・演習)
15全体のまとめ……………次世代に向かう心の教育・道徳教育(講義・全体討議)
テキスト 特に指定しない。内容に応じて紹介する。 
参考文献 小学校学習指導要領・中学校学習指導要領(平成29年3月告示)
特別支援学校小学部・中学部学習指導要領(平成29年4月告示)
高等学校学習指導要領(平成30年3月告示)
行安茂・廣川正昭編(2012)『戦後道徳教育を築いた人々と21世紀の課題』教育出版
J・ウィルソン監修、押谷・伴編訳(2002)『世界の道徳教育』玉川大学出版部
小寺正一・藤永芳純『道徳教育を学ぶ人のために』世界思想社
押谷由夫(2016)『道徳教育の理論と実践』NHK出版
東京学芸大学総合的道徳教育プログラム(2014)『教職資料・新しい道徳』東洋館出版社 
学生に対する評価(評価の重点) 学期中に行う毎時の省察、課題の報告及びその相互交流等への取り組みの状況をもとに評価を行う。別途試験等は実施しない。 
履修制限等  
授業のテーマ 人間形成、道徳教育の諸課題、道徳教育の歴史、外国の人間形成論、道徳性発達理論、道徳授業展開論 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 〇授業実施時間(6限)及び感染状況等も踏まえ、ライブ配信(同期型)を原則として実施する。
◯学びの特質に即して、一部(2~3回程度)を対面演習へと調整することも考えられる。
  一部対面の場合でも、リモートによる履修を希望する院生には対応できるようにする。
◯実施方法調整の場合は早めに本学の「Web Class」に示すので、確認の上受講すること。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.