タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-総合教育実践プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23002210 
科目名   道徳教育実践フィールドワーク  
担当教員   永田 繁雄,宮澤 千澄  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室2   開講学期   秋学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考   
ナンバリング   3G1P14 
到達目標 〈学卒院生〉
○学校における道徳教育及びその要としての「特別の教科」である道徳科の展開について、各地域・各学校の実施状況等を実践資料や報告書を生かして比較検討し、その概要を把握することができる。
○小・中・高校、特別支援学校のそれぞれで行う道徳教育及び道徳授業について、効果的な教育活動の参観や授業の観察等を通して、そのよさを生み出す視点について学び、授業及び教育を構想する方法を理解することができる。
〈現職院生〉
○学校における道徳教育及びその要としての「特別の教科」である道徳科の展開について、各地域・各学校の実施状況等を実践資料や報告書を生かして比較検討し、それぞれの特色や課題等を見出すことができる。
○小・中・高校、特別支援学校のそれぞれで行う道徳教育及び道徳授業について、効果的な教育活動の参観や授業の観察等を通して、そのよさを生み出す視点や方策について見出し、より効果的な道徳教育や授業を構想する力を高めることができる。 
授業の概要 ◇授業では、まず、道徳教育や道徳授業が各地域、各学校(校種は授業受講者の状況や希望等に対応できるようにする)でどのような特色をもって展開されているかを研究報告や実践事例報告等で比較し、その傾向を浮き彫りにする。
◇さらに、小・中学校、高等学校や特別支援学校等での道徳教育及び授業の実際にフィールドワーク(FW)を通して触れることを通して、道徳教育・道徳授業の具体的展開でのよさや課題を検討し、更なる改善の視点を見出す。 
授業計画(授業形態) 【以下の3項目をお読みください】
●本授業は講義・演習(5回)と授業観察等の現地フィールドワーク(5回・3限~4限・1回につき授業2回分)を
  実施し、計15回分となる。したがって授業を実施しない週が5回生じることになる。
●フィールドワークは小学校(2回)、中学校、高等学校、特別支援学校を予定して調整する。
●フィールドワークは現地で参観と協議を行うため、開始・終了時刻が若干前後することがあり、
  5限に受講する授業が別にある受講生は間に合わないことも想定されるので注意したい。

第1回   ︓講義・演習…・道徳教育の現況と様々な実施上の課題<受講ガイド等>
第2回   ︓講義・演習…・道徳教育の全国的な状況から学ぶ<含︓フィールドワークに向けて>
第3回   ︓FW①前半…・道徳教育関連科目の実践(特別支援学校)の観察(参観)〈3限〉
第4回   ︓FW①後半…・授業観察を生かして考えるよさと課題(協議)〈4限〉
第5回   ︓FW②前半…・道徳授業の開発的実践(附属小学校)の取組の観察(参観)〈3限〉
第6回   ︓FW②後半…・授業観察を生かして考えるよさと課題(協議)〈4限〉
第7回   ︓講義・演習…・道徳教育充実への多彩な試み〜東京以外の取組の実際から〜
第8回   ︓FW③前半…・道徳授業の計画的実践(中学校)の試みの観察(参観)〈3限〉
第9回   ︓FW③後半…・授業観察を生かして考えるよさと課題(協議)〈4限〉
第10回  ︓FW④前半…・道徳授業の研究的実践(公立小学校)の試みの観察(参観)〈3限〉
第11回  ︓FW④後半…・研究的実践の試みを生かして考えるよさと課題(協議)〈4限〉
第12回  ︓FW⑤前半…・高等学校での道徳教育関連の実践の観察(参観)〈3限〉
第13回  ︓FW⑤後半…・授業実践から考える高校の生き方教育のよさと課題(協議)〈4限〉
第14回  :講義・演習…・フィールドワークそれぞれの学びから学び合う
第15回  :講義・演習…・道徳教育の魅⼒と可能性を引き出すために<まとめ>

※上記の第3回と第4回はフィールドワーク(FW)①として同じ日の午後に連続して実施。以下、FW②、③、④、⑤も同様。  
テキスト 特に指定しない。 
参考文献 小学校学習指導要領・中学校学習指導要領(平成29年3月告示)
特別支援学校小学部・中学部学習指導要領(平成29年4月告示)
高等学校学習指導要領(平成30年3月告示)
文部科学省(2017)『小学校(中学校)学校学習指導要領解説 特別の教科 道徳編』
全国小学校道徳教育研究会・全日本中学校道徳教育研究会、高校公民科・社会科研究会等の各大会開催紀要
ホームページ:「道徳教育アーカイブ」、「東京学芸大学・総合的道徳教育プログラム」 ほか 
学生に対する評価(評価の重点) 学期中に行う授業観察や学校フィールドワークの省察及びその相互交流の実際をもとに評価を行う。別途試験等は実施しない。 
履修制限等  
授業のテーマ 道徳の教科化、道徳教育研究、フィールドワーク、授業改善、高等学校の在り方生き方教育、特別支援教育と道徳教育 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 5回の講義・演習は、講義室での対面授業の形で進める(感染症の状況によりりオンライン・同期型の実施も考慮)。
5回のフィールドワーク(各授業2回分)は、現地での学習とする(感染症の状況により実施方法を調整することもある)。
なお、令和2年度は5つのフィールドワークを現地にて実施している。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.