タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-総合教育実践プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23002130 
科目名   カリキュラムデザイン・授業研究Ⅳ  
担当教員   矢嶋 昭雄,赤羽 寿夫,近藤 正幸,鶴巻 景子  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室3   開講学期   秋学期  
曜日・時限   金5   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考  原則として総合教育実践プログラム生のみ履修可 
ナンバリング   3G1P14 
到達目標 〈学卒院生〉
○ 新たなタイプの学びの場への参加経験をもとに学校教育での学習を相対化し、授業やカリキュラムの新たな可能性を考案できるようになる。
○ 授業や単元のアイデアの考案、試行、検討、現場での実践、実践報告、検討という一連の省察サイクルを効果的かつ意識的に行えるようになる。
○ 逆向き設計等カリキュラム論の発想に触れ、単元を通して育てたい理解の質を意識し、それと結びつけて授業を捉えられるようになる。
〈現職院生〉
○ 新たなタイプの学びの場への参加経験をもとに学校教育での学習を相対化し、自らの実践経験をふまえて、授業やカリキュラムの新たな可能性を考案できるようになる。
○ 授業や単元のアイデアの考案、試行、検討、現場での実践、実践報告、検討という一連の省察サイクルの効果的な実施に貢献し、そうしたサイクルの働きについて説明できるようになる。
○ 自分たちの課題に応じて学習論や授業論、カリキュラム論等に関する理論的知見を文献を通して学び、実際的な状況を念頭に置いて活用の仕方を考案できるようになる。
 
授業の概要 カリキュラムデザイン・授業研究Ⅰ~Ⅳは、カリキュラムデザイン・授業研究の実践的力量を培うことを目的とした科目である。秋学期のⅢ・Ⅳでは、1年生の9月からの教職専門実習開始と連動して、実習で担当する授業のアイデアの試行や実際に教室で実践してみた結果の報告と検討を通しての省察サイクルの実践、その意識化と言語化のためのプロジェクト、単元レベルの視点を得るための活動等を行う。
必要に応じて、グループに分かれて活動を行う。学校フィールドワーク等学外での活動も行う。学校フィールドワークの都合や受講生のニーズ等により、授業計画は随時入れ替え・変更の可能性がある。 
授業計画(授業形態) 感染状況や受講生のニーズなどを踏まえて、授業内容を適宜変更する可能性があります。
内容
1オリエンテーション 課題の説明 (講義)
2教職専門実習のふりかえり (演習)
3授業アイデア試行① (演習)
4授業アイデア試行② (演習)
5授業アイデア試行③ (演習)
6学校フィールドワーク(公開研を軸とした学校づくり) (フィールドワーク)
7学校フィールドワーク(多様なカリキュラム) (フィールドワーク)
8授業アイデア試行をもとにした実践等報告① (演習)
9授業アイデア試行をもとにした実践等報告② (演習)
10授業アイデア試行をもとにした実践等報告③ (演習)
11文献講読 教科教育と授業実践 (演習)
12省察サイクルの意識化と言語化のためのプロジェクト (演習)
13カリキュラム論から見た授業づくり 準備 (演習)
14企画によるワークショップ (演習)
15全体のふりかえり
テキスト 適宜指定する。 
参考文献 学習指導要領。
秋田喜代美、藤江康彦編(2007)『はじめての質的研究法―教育・学習編』東京図書。
グラント・ウィギンズ、ジェイ・マクタイ著、西岡加名恵訳(2012)『理解をもたらすカリキュラム設計―「逆向き設計」の理論と方法』日本標準。
田中博之(2013)『カリキュラム編成論』放送大学教育振興会。
フレット・コルトハーヘン著、武田信子監訳(2010)『教師教育学 理論と実践をつなぐリアリスティック・アプローチ』学文社。
松下佳代、京都大学高等教育研究開発推進センター編(2015)『ディープ・アクティブラーニング』勁草書房。
他、適宜授業中に指示する。 
学生に対する評価(評価の重点) 学期中の課題への取り組みをもとに評価を行う。別途試験等は実施しない。 
履修制限等 この授業の履修には、「カリキュラムデザイン・授業研究Ⅰ」および「同Ⅱ」を履修済であることが条件となります。 
授業のテーマ 多様な学び、省察のサイクル、模擬授業、実践報告、逆向き設計、カリキュラム事例 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) この授業は、実践から学ぶことをねらいとするため、原則として対面型で実施します。
また、フィールドワークについては、オンラインの公開研究会などに参加する場合もあります。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.