タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-総合教育実践プログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23002110 
科目名   カリキュラムデザイン・授業研究Ⅱ  
担当教員   渡辺 貴裕,矢嶋 昭雄,藤野 智子,増田 謙太郎,近藤 正幸,鶴巻 景子  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室1   開講学期   春学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考  原則として総合教育実践プログラム生のみ履修可 
ナンバリング   3G1P14 
到達目標 〈学卒院生〉
○ 多様な実践に触れることで、カリキュラムや授業の可能性について知ると共に、観察記録を活用して授業実践から学べるようになる。
○ 授業づくりの基本的なポイント(教科内容と教材の区別、目標の設定の仕方など)について学び、実践に活かせるようになると共に、単元を見通した授業づくりの視点を得る。
○ 模擬授業の実施とその検討会を通して、省察による実践の向上が行えるようになる。
〈現職院生〉
○ 多様な実践に触れることで、カリキュラムや授業の可能性について知ると共に、観察記録を活用した授業実践からの学習に貢献できるようになる。
○ 授業づくりに関する新たな発想や手法についてリサーチし、効果的な形でそれを提起できるようになる。
○ カリキュラム論や教師教育関連の文献を講読し、理論的に捉える枠組みを獲得すると共に、グループでの文献講読のノウハウを身に付ける。
 
授業の概要 カリキュラムデザイン・授業研究Ⅰ~Ⅳは、カリキュラムデザイン・授業研究の実践的力量を培うことを目的とした科目である。春学期のⅠ・Ⅱでは、学卒院生に関しては、9月からの教職専門実習の実施にそなえて、学校フィールドワークや模擬授業などを通して、授業観察や授業づくりをより効果的に行えるようになるためのトレーニングを中心に行う。現職院生に関しては、学校フィールドワークなどへの参加を通してカリキュラムおよび授業について省察するためのトレーニングを行うと共に、授業づくりの新たな発想や手法についてのリサーチ&プレゼンテーションや各分野の理論書の講読を通して手法の相対化や原理の言語化ができる力を身につける。
必要に応じて、グループに分かれて(学卒現職混合/学卒現職別)活動を行う。学校フィールドワーク等学外での活動も行う。学校フィールドワークの都合や受講生のニーズ、感染症の状況等により、授業計画は随時入れ替え・変更の可能性がある。
 
授業計画(授業形態)
内容
1オリエンテーション 教員によるミニ授業とその検討 (講義)
2授業記録のさまざまな方法 (講義)
3マイクロティーチング体験 (演習)
4学卒院生:授業づくり入門(教科内容と教材) / 現職院生:文献講読(カリキュラム論関連文献)(演習)
5学卒院生:授業の型を知る 準備 / 現職院生:文献講読(カリキュラム論関連文献)(演習)
6学校フィールドワーク①(先進的な取り組み視察) (フィールドワーク)
7学校フィールドワーク②(現職・学卒2研修校等) (フィールドワーク)
8学校フィールドワーク事後交流 (演習)
9新たな授業方法のリサーチ&プレゼンテーション (演習)
10模擬授業と検討会①
11模擬授業と検討会②
12模擬授業と検討会③
13模擬授業と検討会④
14学卒院生:単元構想とカリキュラム設計 (演習) / 現職院生:文献講読(教師教育関連文献)
15学卒院生:創成研修開始に向けて / 現職院生:文献講読(学力論関連文献) (演習)
テキスト 適宜指定する。 
参考文献 学習指導要領。
石井英真(2015)『今求められる学力と学びとは―コンピテンシー・ベースのカリキュラムの光と影』日本標準。
グラント・ウィギンズ、ジェイ・マクタイ著、西岡加名恵訳(2012)『理解をもたらすカリキュラム設計―「逆向き設計」の理論と方法』日本標準。
フレット・コルトハーヘン、武田信子監訳(2010)『教師教育学 理論と実践をつなぐリアリスティック・アプローチ』学文社。
他、適宜授業中に指示する。
 
学生に対する評価(評価の重点) 学期中の課題への取り組みをもとに評価を行う。別途試験等は実施しない。 
履修制限等  
授業のテーマ 学校フィールドワーク、授業づくり、単元、模擬授業、省察、カリキュラム論、教師教育論 
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 基本的に対面授業とするが、並行してオンラインも活用する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.