タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-学校組織マネジメントプログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23001170 
科目名   スクールリーダー養成プログラム開発  
担当教員   福本 みちよ  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   研究室     開講学期   春学期  
曜日・時限   木6   単位区分   選必  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラム高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SP高度選択科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SP高度選択科目 
備考  原則として学校組織マネジメントプログラム生のみ履修可/2年履修2年生対象(1年履修生履修不可) 
ナンバリング   3G2P04 
到達目標 <現職院生>
〇スクールリーダーに求められる資質・能力を具体的に理解し、スクールリーダー養成の具体的な在り方を構想することができるようになる。 
授業の概要 1年次の学習内容を基礎として、スクールリーダーの養成プログラムを立案する。そのために、各自治体における学校管理職育成指針を含むスクールリーダー育成システムや研修プログラムを分析し、スクールリーダー養成に必要な要素を抽出していく。 
授業計画(授業形態)
内容
1オリエンテーション:「自身の職能発達を振り返る」(ワーク)
〇年間の授業計画、到達目標、授業の課題の内容と方法、授業形態、参考文献等の周知と確認。
〇これまでの自身の職能発達について省察、共有する。
2教員の学びと職能発達(講義/ディスカッション)
〇教員の学びの機会・経験にはどのようなものがあるのか。教員の職能発達に関する基礎理論をおさえる。
3スクールリーダーの養成①:スクールリーダーとは何か(講義)
〇「スクールリーダー」の定義について、諸論を整理する。
4スクールリーダーの養成②:スクールリーダーの資質・能力(講義/ワーク)
〇各自治体の「学校管理職育成指針」等を分析し、スクールリーダーに求められる資質・能力を整理する。
5スクールリーダーの養成③:各自治体における人材育成(講義/ワーク)
〇勤務校の所在する自治体における人材育成システムを分析する。
6スクールリーダーの養成④:各自治体における人材育成システムの比較検討(プレゼンテーション)
〇前回の分析結果を共有し、比較検討する。
7スクールリーダー研修①:スクールリーダー研修の動向(講義/ワーク)
〇全国規模で展開されているスクールリーダー研修の内容を分析する。
8スクールリーダー研修②:スクールリーダー研修の実態分析(講義/ワーク)
〇各自治体におけるスクールリーダー研修体系を分析する。
9スクールリーダー研修③:スクールリーダー研修の構成要素(講義/ワーク)
〇第7~8回の講義内容を比較検討し、スクールリーダー研修に必須の構成要素を抽出する。
10スクールリーダー養成プログラムの開発①:成人学習理論(講義/ディスカッション)
〇成人学習理論の基礎的事項を理解し、養成プログラムの開発における留意点を確認する。
11スクールリーダー養成プログラムの開発②:研修の評価・効果測定(講義)
〇養成プログラムの評価、効果測定の在り方について基礎的事項を学ぶ。
12スクールリーダー養成プログラムの開発③:養成プログラム案の骨子(個人ワーク)
〇これまでの学習内容を総括し、スクールリーダー養成プログラム案の骨子を作成する。
13スクールリーダー養成プログラムの開発④:養成プログラム案の作成(個人ワーク)
〇前回をもとにして、養成プログラム案を作成する。
14スクールリーダー養成プログラムの開発⑤:養成プログラム案の提案(プレゼンテーション)
〇作成した養成プログラム案を共有する。
15スクールリーダー養成プログラムの開発⑥:総括(講義/ワーク)
〇前回のプレゼンテーションで出された養成プログラム案を分析・検討する。
テキスト 特に使用しないが、必要な資料等は随時指示していく。 
参考文献 北神正行・高橋 香代(2007)『学校組織マネジメントとスクールリーダー―スクールリーダー育成プログラム開発に向けて』学文社
佐古秀一(2013)「学校組織開発理論にもとづく学校組織マネジメント教育プログラムの構成と効果」『鳴門教育大学研究紀要第28巻』
佐古秀一(2014)「学校組織マネジメント研修プログラムの構成と効果に関する研究- 学校組織開発理論に立脚した論拠と有効性の基盤を有する組織マネジメント研修の開発-」『鳴門教育大学研究紀要第29巻』 
学生に対する評価(評価の重点) 成果物及びプレゼンテーションの成果を重視する。 
履修制限等 学校組織マネジメントプログラム生のみ履修可/2年履修2年生対象 
授業のテーマ  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 対面授業とオンライン授業を併用して行う。毎回、事前に授業形態については確認し連絡をする。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.