タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-学校組織マネジメントプログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23001030 
科目名   学校組織マネジメント演習Ⅱ  
担当教員   伊東 哲,金子 一彦,浅野 あい子,服部 信雄  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室2   開講学期   秋学期  
曜日・時限   木3   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラムプログラム科目 
備考  原則として学校組織マネジメントプログラム生のみ履修可 
ナンバリング   3F1P02 
到達目標 <現職院生>
〇ミドルリーダーに求められる学校組織開発に関する基礎的理論を土台として、学校を取り巻く環境の変化をとらえ、多角的な側面から学校ガバナンスの在り方を検討することができるようになる。 
授業の概要 現在の学校教育は、学校が保護者・地域をはじめとする多様なアクター(行為主体)と協働しながら展開されている。学校ガバナンスとは、学校に関わる多様なアクターが学校経営における意思決定・合意形成段階や教育実践に主体的に関与するシステムを言う。本演習では、「保護者・地域の学校参画」「学校支援」といった側面から、社会の変化に対応した学校ガバナンスの在り方を検討していく。 
授業計画(授業形態)
内容
1社会の変化に対応した学校ガバナンス①:
〇学校ガバナンスとは何か(講義)
2社会の変化に対応した学校ガバナンス②:
〇学校マネジメントと「保護者・地域の学校参画」「学校支援」(講義)
3社会の変化に対応した学校ガバナンス③:
〇「社会の変化」についての多角的分析
4社会の変化に対応した学校ガバナンス④:
〇社会の変化に対応した学校ガバナンス改革に求められる観点(ミドルリーダーの立場から)
5社会の変化に対応した学校ガバナンス⑤:
〇社会の変化に対応した学校ガバナンス改革に求められる観点(管理職の立場から)
6社会の変化に対応した学校ガバナンス⑥:
〇社会の変化に対応した学校ガバナンス改革に求められる観点(教育行政の立場から)
7学校ガバナンスの多様化①:
〇多様なアクターを生かした学校マネジメントの在り方(地域・保護者の学校参画の観点から)
8学校ガバナンスの多様化②:
〇多様なアクターを生かした学校マネジメントの在り方(学校支援の観点から)
9学校ガバナンスの多様化③:
〇これまでの学習をふまえ、勤務校における学校ガバナンスを分析する。
10学校ガバナンスの多様化④:
〇前回の分析結果を共有する。
11社会の変化と勤務校における学校ガバナンス改革①:
〇「withコロナ」「afterコロナ」への対応について、勤務校の取組状況を調査する。
12社会の変化と勤務校における学校ガバナンス改革②:
〇「withコロナ」「afterコロナ」への対応について、ミドルリーダーの立場、管理職の立場、行政支援の観点から勤務校の状況調査及び分析を行う。
13社会の変化と勤務校における学校ガバナンス改革③:
〇前回の分析結果を共有する。
14社会の変化と勤務校における学校ガバナンス改革④:
〇多様な事例から、社会の変化を踏まえた学校ガバナンス改革の在り方を検討する。
15総括「学校ガバナンスの多様化とこれからの学校改革の在り方」
〇これまでの学習成果を踏まえ、多様なアクターを生かした学校ガバナンスの在り方を検討する。
テキスト 特に使用しないが、必要な資料等は随時指示していく。 
参考文献 浜田博文(2012)「「学校ガバナンス」改革の現状と課題:教師の専門性をどう位置付けるべきか?」『日本教育経営学会紀要54号』
佐藤晴雄(2017)『コミュニティ・スクールの成果と展望:スクール・ガバナンスとソーシャル・キャピタルとしての役割』ミネルヴァ書房
高橋興(2011)『学校支援地域本部をつくる-学校と地域による新たな協働関係-』ぎょうせい 
学生に対する評価(評価の重点) 総括発表の成果を重視する。 
履修制限等  
授業のテーマ  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド) 基本的には対面で実施する。ただし、新型コロナウイルス感染症の状況により、ライブ配信型の遠隔授業を実施する場合もある。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.