タイトル「2021年度 教職大学院シラバス」、フォルダ「2021年度 教職大学院シラバス-学校組織マネジメントプログラム
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   23001010 
科目名   学校組織マネジメント基礎  
担当教員   福本 みちよ  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   教職講義室2   開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P数学教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P理科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P技術教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P養護教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P音楽教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育PJP国際理解・多文化共生SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P社会科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P英語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻学校組織マネジメントプログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P書道教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P国語教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P情報教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P美術・工芸SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P幼児教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻特別支援教育高度化プログラムプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP環境教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教育プロジェクトP学校教育課題SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P家庭科教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻教科領域指導P保健体育教育SPプログラム科目、教育実践専門職高度化専攻総合教育実践プログラムプログラム科目 
備考  原則として学校組織マネジメントプログラム生のみ履修可 
ナンバリング   3F1P04 
到達目標 <現職院生>
◯ミドルリーダーに求められる学校組織開発に関する基礎的理論を修得し、学校の現状と課題を的確に分析・把握できるようになる。

 
授業の概要 学校組織マネジメントに関する基礎的理論についての理解を深める。スクールリーダーに求められるリーダーシップについての理解を深め、リーダー行動の在り方を学ぶ。学校特性をふまえた学校マネジメントの在り方を検討する。 
授業計画(授業形態)
内容
1オリエンテーション:「これまでの自分を振り返る」(講義、グループワーク)
〇年間の授業計画、到達目標、授業の課題の内容と方法、授業形態、参考文献等の周知と確認。
〇これまで経験してきた分掌業務等を振り返り、自身のマネジメントマインドを省察する。
2第2回:マネジメント基礎①:マネジメント論(講義、ディスカッション)
〇経営学におけるマネジメント論からマネジメントの基本概念を理解する。
3第3回:マネジメント基礎②:組織論(講義、ディスカッション)
〇組織論の基礎を理解し、様々な組織のタイプやその特性等について理解する。
4第4回:マネジメント基礎③:学校の組織特性(講義、ディスカッション)
〇前回の学習内容をふまえ、本回では学校組織にフォーカスしてその組織特性を理解する。
5第5回:マネジメント基礎④:リーダーシップ論(講義、ディスカッション)
〇これまで日本や諸外国で展開されてきたリーダーシップに関する先行研究のレビューを通して、リーダーシップと学校づくり、学校改善の関係性について基本的な考え方を整理していく。
6第6回:マネジメント基礎⑤:ミドルリーダー論(講義、グループワーク)
〇前回の講義をふまえ、ミドルリーダー行動に焦点を当てて基本的な考え方を整理していく。
7第7回:マネジメント基礎⑥:組織文化論(講義、グループワーク)
〇学校マネジメントを考える上で不可欠な組織文化について、基礎的事項を学ぶ。
8第8回:勤務校分析(個人ワーク)
〇これまでの学習内容によって得られた視点から、自身の勤務校を分析する。
9第9回: 分析結果の共有(グループワーク)
〇前回の分析結果を共有し、学校を組織として見る「視点」をおさえる。
10第10回:経営戦略とミッション・マネジメント①(講義、グループワーク)
○RPDCAサイクルを理解し、ミッション・マネジメントの観点から学校経営計画を読み解く視点を学習する。
11第11回:経営戦略とミッション・マネジメント②(講義、グループワーク)
〇前回の講義を踏まえ、勤務校の学校経営計画をグループで読み解いていく。
12第12回:学校分析にもとづく学校改善①:勤務校分析(個人ワーク)
〇これまでの学習内容を総括し、勤務校の改善に必要な視点を明確にし学校改善案を作成する。
13第13回:学校分析にもとづく学校改善②:学校改善案の作成(個人ワーク)
〇前回に引き続き、学校改善案を作成する。
14第14回:学校分析にもとづく学校改善案の提案(プレゼンテーション)
〇作成した学校改善案を共有する。
15第15回:総括「学校分析にもとづく改善案の提案」(グループワーク)
〇前回のプレゼンテーションで出された学校改善案を分析・検討する。
テキスト 特に使用しないが、必要な資料等は随時指示していく。 
参考文献 〇ピーター・M・センゲ『学習する組織』英治出版、2014年
〇OECD編著有本昌弘監訳『スクールリーダーシップ』明石書店、2009年
〇中原淳・中村和彦『組織開発の探究』ダイヤモンド社、2018年
〇佐古秀一ほか『学校づくりの組織論』学文社、2011年
 
学生に対する評価(評価の重点) 総括発表の成果を重視する。 
履修制限等 学校組織マネジメントプログラムの学生のみ履修可能 
授業のテーマ  
遠隔授業形態(ライブ配信/オンデマンド)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.