タイトル「2021年度 特別専攻科シラバス」、フォルダ「2021年度 特別専攻科シラバス-特別支援教育特別専攻科(専修免コース)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   30001250 
科目名   障害児指導法研究A  
担当教員   澤 隆史  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   火2   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  特別支援教育専攻専修免コース選択必修 
備考  専攻科 
ナンバリング   461892 
ねらいと目標 聴覚障害教育の内容・方法の実際やその変遷、および現代の課題などについて文献購読を中心に学ぶことをねらいとする。本授業の受講によって、聴覚障害および聴覚障害教育に関する指導の視点や指導方法の特徴、現代における教育上の課題や方向性に関する基礎的知識を学ぶと共に,聴覚障害教育への関心を高めて欲しい。  
内容 ・文献を精読し、その内容について発表を行うとともにディスカッション等の対話的活動を通じて演習形式で学習する。
・また発表内容に関する補足的な講義によって内容の理解を深める。
・本授業では、特に聴覚障害教育の現代的課題に関する内容を扱う。
 
テキスト テキストは使用しないが、授業の最初に文献紹介を行う。 
参考文献 ・四日市章他 編著 聴覚障害児の学習と指導 発達と心理学的基礎 明石書店 ¥3,000
・四日市章 編著 聴覚障害とリテラシー コレール社 ¥3200
・オックスフォードハンドブック デフ・スタディーズ ろう者の研究・言語・教育.明石書店 \15,000
・Moores and Martin 2006 Deaf Learners. Developments in Curriculum and Instruction.
松藤みどり他監訳 聴覚障害児の学力を伸ばす教育. 明石書店 ¥3800

 
成績評価方法 ・平常の授業への取り組み 50%
・各回に提出する報告レポート 50%
・レポート報告は、毎週の担当者を決めて行う。
 
授業スケジュール(展開計画) 1回目 オリエンテーション
2回目 本授業で扱う内容についての概論・講義
3回目以降は、トピックス(聴覚障害の特性、聴覚活用、言語アセスメント、コミュニケーション方法など)についての発表形式で授業を行う。
最終回では、授業のまとめを行う。  
授業時間外における学習方法 本授業では学生さんの学習進度に応じて、演習(レポートや発表、討議)とともに講義も交えながら授業を行う。演習活動では様々な文献にあたるなど、事前の準備をしっかり行うようにしてください。 
授業のキーワード 聴覚障害、ろう学校、特別支援、言語発達、聴覚活用 
受講補足(履修制限等) 本授業は、特別支援学校教諭専修免許状(聴覚障害領域)の取得に係る授業であるため、聴覚障害教育に関する発展的な内容を扱うことを予定している。ただし、特別支援学校教諭1種免許状において「聴覚障害領域」を取得していない学生が受講する際には、受講生の学習状況(先行知識、専門性など)等を踏まえて、適宜、講義を行うなど、授業の内容を調整する。  
学生へのメッセージ 聴覚障害領域については扱っている大学も少ないことから、大学等での授業を通じて理解を深めている者、学習途上にある者も含まれると思います。十分に理解できていないな内容については、積極的に質問をするなど、事故の理解を高めるように頑張ってほしいと思います。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 本授業は対面によって実施する。なお、コロナ感染状況等に応じて遠隔授業を含める場合もある。 
その他 本授業は、特別支援学校教諭専修免許状の取得に係る単位となる。当該の免許を取得する予定の学生については、他の授業を含めた履修計画を慎重に行うこと。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.