タイトル「2021年度 特別専攻科シラバス」、フォルダ「2021年度 特別専攻科シラバス-特別支援教育特別専攻科(専修免コース)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   30001230 
科目名   障害児心理学研究A  
担当教員   松本 幸代  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   水2   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  特別支援教育専攻専修免コース必修科目 
備考  専攻科 
ナンバリング   461892 
ねらいと目標 この授業では、知的障害を対象に、心理機能の一つである言語について検討する。知的障害児における代表的な言語の問題に言語発達遅滞がある。
そこで本授業では心理言語学的観点から、知的障害児の言語発達について学ぶことをねらいとする。
知的障害児の言語発達について検討する際は、定型発達児の言語発達に関する知見が不可欠である。したがって、定型発達児の言語発達についても学習する。 
内容 文献を精読し、その内容についての発表、ディスカッション等の対話的活動を通じて、演習形式で学習する。
まず、定型発達児の言語発達について学習する。次に、定型発達児の知見をふまえ、知的障害児の言語発達について学習する。
また、発表内容に関する補足的な講義も行い、理解を深める。 
テキスト 第1回目の授業の際に伝えます。 
参考文献 岩立志津夫・小椋たみ子(編)(2017) 『よくわかる言語発達 改訂新版』(ミネルヴァ書房)
広瀬友紀 (2017) 『ちいさい言語学者の冒険』(岩波書店) 
成績評価方法 発表、レポート、授業への参加態度から、総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 1回目:オリエンテーション
2回目:本講義で扱う内容についての講義
3~10回目:定型発達児の言語発達についての発表・ディスカッション
11~14回目:知的障害児の言語発達についての発表・ディスカッション
15回目:まとめ  
授業時間外における学習方法 授業中に紹介した文献、授業内容に関連する文献を読むこと。 
授業のキーワード 知的障害 心理 言語 発達 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 知的障害児の言語発達は、定型発達児よりも遅れているだけなのでしょうか、それとも質的に異なっているのでしょうか。この点などについて、文献を読むことを通して、考えることを大切にしていきます。 
実務経験のある教員による科目  
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 基本的に対面形式で実施する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.