タイトル「2021年度 特別専攻科シラバス」、フォルダ「2021年度 特別専攻科シラバス-特別支援教育特別専攻科(一種免コース)
シラバスの詳細は以下となります。
ナンバリングは科目コードとは異なります。ご注意ください。
ナンバリングとは
科目コード   30001150 
科目名   病弱教育学  
担当教員   副島 賢和  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  特別支援教育専攻一種免コース必修科目 
備考  専攻科 
ナンバリング   451881 
ねらいと目標 ○病弱特別支援学校や病弱の訪問教育、病弱特別支援学級等の教育課程編成や実際の指導についての理解を図る。
○病気のある子どもの教育や心理・生理・病理の状態を理解し、その状態に応じた教育支援や配慮のあり方について学ぶ。
 
内容 ○病弱教育は、入院中の子どもたちの教育に限定されたものではありません。病気のある子どもたちは、学校教育のあらゆる場所にいます。病弱教育の学びを通して、子どもたちへの関わり方を考えてもらえる内容にいたします。
○子どもの疾病について、グループで学習する時間があります。お一人2疾病の発表をお願いします。 
テキスト オリエンテーションの回で説明いたします。
病気の児童生徒への特別支援教育「病気の子どもの理解のために」国立特別支援教育総合研究所
以下より、その都度ダウンロードをします。
https://www.nise.go.jp/portal/elearn/shiryou/byoujyaku/supportbooklet.html 
参考文献 講義の中で紹介します。
丹羽登 監修 2012 病気の子どもガイドブック ジアース教育新社
満留昭久 編 2014 学校の先生にも知ってほしい慢性疾患のこどもの学校生活 慶應義塾大学出版会
副島賢和 2015 あかはなそえじ先生のひとりじゃないよ Gakken
副島賢和 2016 心が元気になる学校 プレジデント社
副島賢和 2018 赤はな先生に会いたい! 金の星社
日本育療学会編著 2019 標準「病弱児の教育」テキスト ジアース教育新社
副島賢和 2020 はなれていても、だいじょうぶ Gakken
副島賢和 2020 ストレス時代の子どもの学び 風鳴舎 
成績評価方法 出席とミニレポート 4点×11回=44点
試験              30点
発表レジュメ    4点× 2回= 8点
学びのまと      10点
自主レポート    3点× 回= α点 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション「院内学級って何?」
2教育の必要性「病気のある子どもに教育は必要なの?」
3当事者意識を持つために「病気の子どもはどんな気持ち?」
4子どもの声に耳を傾ける「子どもの声をきいてみよう」
5共感力「共感ってどうするの?」
6疾病に応じた配慮事項「どんな病気があるのかな1」
7存在受容「存在受容ってどうするの?」
8感情の適切な扱い方「感情ってどう扱うの?」
9障害受容「家族・きょうだいを支える」
10病気に応じた配慮事項「どんな病気があるのかな2」
11教育の役割「教育だからできること」
12実際のかかわり「子どものニーズの捉え方」
13ケアする人のケア「自分を保つために」
14学びの確かめ「試験・小論文」
15学びのまとめ「学びの足跡作り」
授業時間外における学習方法 自主レポート(A4 1~2枚)
書籍や映画などを読み、病弱教育の視点からレポートする。
みんなに紹介することを意識して。
1 「書籍、映画名」 「著者名、監督・主演名」 「作成年」 「出版社」
2 要約
3 病弱教育からの視点
4 意見、考え 
授業のキーワード 病弱教育 緩和的かかわり 人権教育 専門性 アクティブ・ラーニング 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 病弱教育の視点から社会の事象を見てみましょう。
病気による傷つきを抱えた子どもたちに関わるための理論やスキルを身につけましょう。
生きづらさを抱えた方が少しでも楽になるように。 
実務経験のある教員による科目 ○ 
授業実施方法(対面形式/遠隔形式) 対面形式 状況によりオンライン 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.