タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   スポーツ・フィットネス実習  
担当教員   松井 高光  
対象学年   1年   クラス   68  
講義室   体育施設    開講学期   春学期  
曜日・時限   金3   単位区分   必修  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  健・スポ領域:必修共通 
備考  対象:AB国語/家庭/英語 A情報/もの B技術 E情報/生スポ/表現 内容:護身術 
ねらいと目標 スポーツ(主に柔道)を通じて,あらゆる事象から身を護る術を知る. 
内容 護身のための身体動作を柔道を通じて学ぶ. 
テキスト 特に指定しない. 
参考文献  
成績評価方法 平常点60% 最終テスト20% レポート20% 
授業スケジュール(展開計画) ①オリエンテーション
②バランス崩しゲーム
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
③柔道場でできる体つくりの動きやゲーム
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
④転んでも怪我をしない身のこなし方(受け身:後ろ受け身)
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑤転んでも怪我をしない身のこなし方(受け身:横受け身)
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑥転んでも怪我をしない身のこなし方(受け身:前回り受け身)
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑦身体さばき
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑧人を転がす,投げる
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑨人を抑える,抑えられたところから逃げる
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑩人の関節を極める
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑪柔道の形(柔の形①)
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑫柔道の形(柔の形②)
  授業で扱った内容の復習と,配布資料を用いた予習を行う
⑬柔道の形(講道館護身術①)
  翌週の実習に向けて,学びの総復習を行う
⑭柔道の形(講道館護身術②)
  実習発表を振り返り,本授業で学んだ事項と課題をまとめる
⑮まとめ(技能の確認)
  15回を通じて得た学びをまとめる  
授業時間外における学習方法 受け身,および柔道の形(柔の形,講道館護身術)に関する学びを深める 
授業のキーワード 武道,柔道,護身術 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 身のこなし方や身体を鍛えることを通じて,身を守る術を身につけましょう 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.