タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-音楽科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   音楽科研究Ⅰ  
担当教員   安藤 江里  
対象学年   3年   クラス   06  
講義室   ML2   開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   必修  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:音楽、初等教育教員養成課程美術選修小教:音楽、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:音楽 
備考  対象:A美術、A体育、Aもの 
ねらいと目標 小学校音楽科を指導するために必要な基礎的技能を、ピアノ基礎演奏(伴奏を含む)と合唱を中心に学習する。 
内容 全体を2~3クラスに分け、ピアノ弾き歌いと合唱の音楽実技を指導する。
教材は小学校で扱う楽曲を含め、受講者の音楽性の陶冶に適したものを取り上げる。 
テキスト 各教員がオリエンテーションで指示する。 
参考文献 小学校教員養成課程用 最新 初等科音楽教育法[改訂版]音楽之友社 
成績評価方法 実技を中心とするため、欠席が多い場合は失格となる。
授業への参加度、課題の達成度等から総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーションおよび音楽実技の基礎技能
2ピアノ演奏の基礎・音楽教材研究:片手による奏法
3ピアノ演奏の基礎・音楽教材研究:両手による奏法
4ピアノ演奏の基礎・音楽教材研究:伴奏法(Cコード)
5ピアノ演奏の基礎・音楽教材研究:伴奏法(Gコード)
6ピアノ演奏の基礎・音楽教材研究:伴奏法(Fコード)
7ピアノ演奏・音楽教材研究:伴奏法の応用
8合唱の基礎・音楽教材研究
9合唱・音楽教材研究:歌唱共通教材(低学年)
10合唱・音楽教材研究:歌唱共通教材(中学年)
11合唱・音楽教材研究:歌唱共通教材(高学年)
12合唱曲の演習・音楽教材研究
13合唱曲の応用と実践・音楽教材研究
14発表
15授業のまとめ
授業時間外における学習方法 授業において適宜指示する。ピアノは芸術・スポーツ科学系研究棟2号館4階にあるピアノ練習室を使用し、予習と復習を行うこと。 
授業のキーワード ピアノ演奏の基礎と実践 ピアノ伴奏 合唱  
受講補足(履修制限等) 対象:A類美術/保体/もの。1・2年次は履修不可。3年A類の学生は、所属している科を対象とした授業を受講すること。ピアノ個別指導等を行うため、希望者が上限に達した場合は受講制限を行う。 
学生へのメッセージ  
その他 ティームティーチングの形態で、複数の指導者が担当する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.