タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-技術科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   情報とものづくり  
担当教員   渡津 光司,島田 和典,藤井 和人,坂口 謙一  
対象学年   1年   クラス   51  
講義室   S306    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金2   単位区分   必修  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程ものづくり技術選修必修科目 
備考   
ねらいと目標 ものづくりにかかわる情報技術の初歩を習得する。 
内容 高度情報化社会のなかで、ものづくりにかかわるさまざまな情報技術の現状と将来像を広く紹

介し、その概念を体得する。

①プログラミングとアルゴリズムの初歩を学ぶ。

②インターネットの機能を理解する。
・情報機器の歴史
・ネットワークの歴史
・ネットワーク(TCP/IP)の仕組み
について、解説する。

③電子工作の基礎を学ぶ。
 市販の電子工作キットを作成し、
 その動作原理について解説する。

 
テキスト 特になし 
参考文献 特になし 
成績評価方法 出席をとる。

出席、作成した電子キットの提出を総合的に判断して評価する。

必要に応じ、最終試験を行う。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回:オリエンテーション

第2回:プログラミング(1)プログラミング環境

第3回:プログラミング(2)プログラミングの初歩

第4回:プログラミング(3)プログラミングの初歩

第5回:プログラミング(4)プログラミングの初歩

第6回:情報機器の歴史

第7回:ネットワークの基本

第8回:ネットワーク(TCP/IP)の原理(1)

第9回:ネットワーク(TCP/IP)の原理(2)

第10回:電子キットの制作(1)

第11回:電子キットの制作(2)

第11回:電子キットの制作(3)

第12回:電子キットの制作(4)

第13回:予備

第14回:予備

第15回:予備
 
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード 情報化社会、インターネット、デジタルコンテンツ
 
受講補足(履修制限等) 教材費として各自2000円程度を徴収する。

各自、自分の「ハンダゴテセット」「ラジオペンチ」「ニッパー」等を電子工作に必要な道具を購入することが望ましい。
特に、2年度のB類技術「応用情報処理Ⅰ」を受講予定のものは、必須とする。
 
学生へのメッセージ 授業内容はある程度流動的になる可能性がある。 
その他 ノートパソコンを持ってくること。
また、Windows以外のノートパソコンについて、本授業では対応できない場合もあるので注意すること。
 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.