タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-技術科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   応用情報処理Ⅰ  
担当教員   山田 朗  
対象学年   2年   クラス   01  
講義室   技演室     開講学期   春学期  
曜日・時限   金4   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程ものづくり技術選修選択科目B、中等教育教員養成課程技術専攻必修科目 
備考   
ねらいと目標 1)PICマイコンおよびArduinoを取り上げ、マイクロコントローラを含む簡単な電子基板を作成し、マイクロコントローラの内部機能とその役割、外部機器の制御について学ぶ。
2)その応用として、PICマイコンまたはArduinoを用いた制御機械を設計・作成する。



 
内容 2連7セグメントLEDを用いた電子工作キット、Arduinoの作成と理解、プログラミングを通じて、マイクロコントローラーの動作原理を理解する。

これらの知識を用いた制御機械の設計、作成、プログラミングをおこなう。
また、プリント基板の作成方法の理解も視野にいれる。
 
テキスト 特に指定しない。
あるいは、授業開始時に指定する。 
参考文献 授業中に随時配布する。 
成績評価方法 PIC電子工作キットやArduinoの完成、およびその理解は最低必須条件であり、中間テストを行う可能性がある。

制御系機械の設計・制作・完成については、完全に完成することを必ずしも想定しないが、個人個人の適性により判断する。
出席をとることはしないが、作業が遅れている学生・進展が見られない学生については授業態度で判断することもある。

成績は、上記PIC電子工作キットの完成、(および必要なら小テスト)、ロボットカーの設計・制作の状況、学生個人によっては授業態度でもって総合的に判断する。
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2PIC電子工作キット(部品配布)
3PIC電子工作キットの作成1(ハンダ付け等)・解説
4PIC電子工作キットの作成3(動作確認)・解説
5PICプログラミング1 解説
6PICプログラミング2 改造
小テスト(必要な場合)
7PICの機能と制御系回路の解説
8Arduinoの説明および組立(1)
9Arduinoの説明および組立(2)
10Arduinoの説明および組立(3)
11Arduinoの説明および組立(4)
12Arduinoの説明および組立(5)
13Arduinoの説明および組立(6)
14予備
15予備
授業時間外における学習方法 秋葉原等電子街の散策、簡単な電子工作を日常的におこなうことが望ましい。 
授業のキーワード 技術 電子回路 電子工作 プリント基板 プログラミング 
受講補足(履修制限等) 授業設備のため、標準履修枠以外の学生を制限する可能性がある。 
学生へのメッセージ  
その他 1)近年、家庭内で電気工事を実際に行うことが少なくなったとはいえ、技術科の教員として、電子工作の技能習得は必須であると考える。このため、最低限、ドライバー、ピンセット、ハンダこて、ペンチ、ニッパーなどの基本工具は学生自身が揃えることを強く求める。

2)電子キット等の購入として教材費を徴収する。工作対象物に応じて3000円~4000円を想定している。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.