タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-生物学
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   理科特別研究C  
担当教員   原 健二,湯浅 智子  
対象学年   4年   クラス   01  
講義室   生一実     開講学期   春学期  
曜日・時限   時間外   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程英語選修自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択 
備考   
ねらいと目標 「理科研究」に引き続き、さらに深く実験観察技能について学ぶ 
内容 生物学及び地学分野における実験・観察 
テキスト 特に指定しない 
参考文献 小学校学習指導要領解説理科編 
成績評価方法 授業中の課題とレポート 
授業スケジュール(展開計画) 〈生物分野〉
新学習指導要領の趣旨にふさわしい自然観察という観点から、動物生理学をベースとした新しいコンセプトの自然観察法について学びます。 多摩川に生息し昆虫を捕食する魚類、オイカワ(Zacco platypus)を教材に、生物の生存を支える生理機能~環境についての幅広い生物分野の「見方・考え方」に触れることを目的とします。

 Ⅰ 生物を観察する意義とその方法
 Ⅱ 観察に必要な生物学の基礎知識について
 Ⅲ 教材の制作
 Ⅳ 野外実習
 Ⅴ まとめ

<地学分野>
I 幾何光学と天体望遠鏡の原理
1 幾何光学と天体望遠鏡に関する講義
2 その演習
II 太陽黒点の観察
1 太陽とその観察に関する注意事項の講義
2 天体望遠鏡の設置と黒点観察
III 月の満ち欠けと天体の日周運動
1 地球の自転、惑星・衛星の公転に関する講義
2 その演習
IV 地層の構成物
1 地層とその構成物に関する講義
2 その実験
V 岩石と化石の観察
1 岩石鉱物の観察
2 化石の観察
V I 理科と博物館
1 博物館を利用した理科授業(地学)  
授業時間外における学習方法 小学校指導要領解説理科編を読んでおくこと 
授業のキーワード 小学校理科、生物学、主体的自然観察、地学、天文、地質 
受講補足(履修制限等) 本科目は集中形式で行う。受講希望者は理科特別研究Dと共同で行うガイダンス(4月12日金曜12:10-12:40@N107)に必ず出席し、詳しいスケジュールを確認すること。 
学生へのメッセージ  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.