タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-化学
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   理科研究  
担当教員   前田 優,佐藤 尚毅  
対象学年   3年   クラス   08  
講義室   S303    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金1   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程美術選修小教:理科、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:理科、初等教育教員養成課程数学選修小教:理科、初等教育教員養成課程国語選修小教:理科、初等教育教員養成課程社会選修小教:理科、初等教育教員養成課程家庭選修小教:理科、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:理科、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:理科、初等教育教員養成課程音楽選修小教:理科、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:理科、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:理科、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:理科、初等教育教員養成課程英語選修小教:理科 
備考   
ねらいと目標 ねらいと目標 化学分野と地学分野の基礎事項を理解することにより、自然科学的な見方・考え方を養う。  
内容 (化学分野)
小学校学習指導要領「A 物質・エネルギー」の「物の溶け方」「燃焼の仕組み」「水溶液の性質」の基礎となる事項を取り上げ,家庭でできる実験も紹介する。また,小学校でも放射線教育が求められているので,その基礎となる事項も取り上げる。
(地学分野)
気象データの解析,天気図の読み取り,作成,および天気図を用いた天気の予想。ラジオの気象通報の受信による地上天気図の作成や高層天気図,各種専門天気図の活用を含む。反転授業としての要素を含み,授業時間内は実習が中心である。アクティブ・ラーニングを取り入れているので,自発的,積極的な参加を期待する。 
テキスト (化学分野)
「新しい放射線副読本」・文部科学省HPからPDF版を入手することができる。各自で入手して持参すること。
(地学分野) 
ウェブクラスを通して配布する。各自で印刷して持参すること。また,「ラジオ天気図用紙No.1(No.2ではない点に注意)・日本気象協会版・クライム気象図書出版・600円+税」を購入して持参すること(受講者どうしで共同購入してもよい)。さらに,「小学校学習指導要領(平成29年告示)・文部科学省・東洋館出版社・201円+税」と「小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 理科編・文部科学省・東洋館出版社・111円+税」を購入しておくことが望ましい。 
参考文献 (化学分野)
小学校教員のための理科教育-科学的な見方・考え方を養う-,長谷川正・松川正樹編,東京学芸大学出版会,2011.2160円
「小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 理科編」
(地学分野)
新・天気予報の手引・安斎政雄・クライム気象図書出版・1515円+税,
一般気象学 第2版補訂版・小倉義光・東京大学出版会・2800円+税。 
成績評価方法 ・化学分野 50%
・地学分野 50%
(化学分野)
家庭で行う実験を含むレポートと試験。
(地学分野)
最終テストで評価する。参考書・ノート・プリント等の持ち込みは不可とし,授業の中心的な内容に関する基礎知識と応用力について評価する。実際の天気の予想も含む。 
授業スケジュール(展開計画) 1 本授業の目的と方法・小学校理科の学び
2 化学分野:ものの溶け方
3 化学分野:ものの溶け方・物質と化学
4 化学分野:酸と塩基(I)
5 化学分野:酸と塩基(II)・放射線と放射能
6 化学分野:燃焼(I)
7 化学分野:燃焼(II)
8 化学分野:実験について・化学分野のまとめ・試験
9 地学分野:地学分野のオリエンテーション
10 地学分野:小学校学習指導要領(理科)の概観,天気図の作成と利用(1) 地上天気図と高層天気図の概観
11 地学分野:天気図の作成と利用(2) 地上天気図の読み方と書き方
12 地学分野:天気図の作成と利用(2) 高層天気図の読み方と書き方
13 地学分野:天気図の作成と利用(3) 気象通報による天気図の作成(記入方法)
14 地学分野:天気図の作成と利用(3) 気象通報による天気図の作成(等圧線の引き方)
15 地学分野:地学分野のまとめ  
授業時間外における学習方法 (化学分野)
教科書・副読本「新しい放射線副読本(PDF版)」を用いた予習と復習。
学習指導要領解説・小学校~高等学校の教科書を用いた関連する学習内容の確認。
家庭でできる実験の実施とレポートの作成。
(地学分野)
ウェブクラスでテキストを入手し予習,復習に取り組むこと(所要時間90分程度)。重要な基礎知識は授業時間内に解説するが,授業時間外の自主的な学習を期待する。 
授業のキーワード アクティブ・ラーニング,環境教育
 
受講補足(履修制限等) 受講者は60名までとする。超過した場合は,A類(理科選修以外)とC類(小免)の受講希望者を優先する。オリエンテーションを欠席した者は受講できない。並行する57クラスとの間で人数調整をする場合がある。原則として対象学年より下位学年の学生の履修は不可。なお,化学分野(オリエンテーションを含む)の授業(1回~8回)と地学分野の授業(9回~15回)は異なる教室で行うので注意すること(詳しくは1回目のオリエンテーションで説明する)。 
学生へのメッセージ  
その他 化学分野は前田が担当し,地学分野は佐藤が担当する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.