タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-社会学
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   生活科研究  
担当教員   山口 恵子  
対象学年   3年   クラス   05  
講義室   N103    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程理科選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:生活、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程美術選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程英語選修小教:生活、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程国語選修小教:生活、初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教、初等教育教員養成課程家庭選修小教:生活、初等教育教員養成課程社会選修小教:生活、初等教育教員養成課程数学選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:生活、初等教育教員養成課程音楽選修小教:生活、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:生活、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:生活 
備考  Aコース ※2年生履修不可 
ねらいと目標 ・生活科教育の歴史、意義、目標、内容について理解する。
・生活科における体験学習の意義を理解する。
・生活科の授業を行うにあたっての、具体的な技法を身につける。 
内容 本授業では、フィールドワークの方法やワークショップ、グループ学習などのアクティブラーニングを積極的に取り入れ、体験を通して学ぶことの意義や具体的な手法など、生活科を小学校で行う場合に必要な基礎と技能を学ぶ。 
テキスト とくに用いない。必要に応じて資料を配布する。 
参考文献 ・吉田武男監修、片平克弘・唐木清志編集、2018、『初等生活科教育 (MINERVAはじめて学ぶ教科教育) 』ミネルヴァ書房
・原清治・春日井敏之・篠原正典・森田真樹監修、鎌倉博・船越勝編集、2018、『生活科教育 (新しい教職教育講座 教科教育編⑤) 』ミネルヴァ書房
・北川由紀彦・山口恵子、2019、『社会調査の基礎』放送大学教育振興会
そのほか、授業中に適宜、紹介する。 
成績評価方法 平常点30%(コメントシートの記入や積極的な授業への参加など)、授業内課題の提出30%、フィールドノートやレポートの提出40%により、総合的に判断する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1本授業の目的と方法
2生活科研究とは何か①――生活科教育の歴史と目標
3生活科研究とは何か②――生活科の内容と学習指導
4DVDを通して学ぶ生活科①――観ること、書くこと
5DVDを通して学ぶ生活科②――具体的事例から
6DVDを通して学ぶ生活科③――グループ作業のプレゼンテーション
7授業観察の準備
8小学校での授業観察(観察に行く日は追って調整する)
9授業観察から学ぶ①――整理・分析する
10授業観察から学ぶ②――グループ作業のプレゼンテーション
11単元を考えよう①――具体的事例から
12単元を考えよう②――ワークショップ
13単元を考えよう③――単元の計画と発表
14授業の振り返りとまとめ①
15授業の振り返りとまとめ②
授業時間外における学習方法 ・授業で学んだ内容について、次回の授業までに内容を復習しておくこと。
・日ごろから新聞やニュースに目を通し、子どもを取り巻く現代社会の生活の現象や問題点について考えること。
 
授業のキーワード 生活、体験学習、グループ学習、フィールドワーク、地域社会、ワークショップ、アクティブラーニング 
受講補足(履修制限等) 小学校での授業観察に行く計画があり、人数の限界があるので、あらかじめ割り当てられた学生以外の受講は認めない。
 
学生へのメッセージ 授業には必ず出席のこと。積極的な質問やコメントを歓迎します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.