タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   生活科研究  
担当教員   西岡 利  
対象学年   3年   クラス   07  
講義室   S303    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金2   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程理科選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程美術選修小教:生活、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程英語選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程家庭選修小教:生活、初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:生活、初等教育教員養成課程国語選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:生活、初等教育教員養成課程数学選修小教:生活、初等教育教員養成課程社会選修小教:生活、初等教育教員養成課程音楽選修小教:生活、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:生活 
備考  Aコース ※2年生履修不可 
ねらいと目標 生活科の理念や教科の特性について理解し、具体的な教材研究の方法や指導計画の構想を通して、生活科の目標や内容の理解を深めるとともに体験活動を重視した生活科の指導方法を身に付ける。 
内容 ・学習指導要領を基に生活科の目標や内容を理解し、具体的な学習活動、指導計画を構想する。
・授業参観や授業ビデオの視聴等により、実践に基づいた指導方法の基礎・基本を身に付ける。
・主体的な学びの視点、対話的な学びの視点、深い学びの視点からグループ活動や表現活動等の活動の場を設定する。
・農園や学校施設の活用、体験を通して子供の視点で教材理解を深め、学習活動の基本や効果的な指導技術を理解する。 
テキスト 小学校学習指導要領(平成29年告示))解説 生活編  東洋館出版社(134円+税) 
参考文献 必要に応じて授業内で提示 
成績評価方法 講義の振り返りレポート 課題のレポートや提出物 活動への参加姿勢を総合的に評価 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1学習指導要領における生活科の目標と内容
2生活科の授業実践① 教材研究「野菜を育てよう」
3生活科の授業実践② 教材研究「今日から1年生」
4生活科の授業実践③ 教材研究「家庭と生活」
5生活科の授業実践④ 教材研究「季節の変化と生活」
6附属小金井小学校授業見学
7生活科と図書や思考ツール等の活用について
8生活科の授業実践⑤ 教材研究「自然や物を使った遊び」
9生活科の授業実践⑥ 教材研究「動植物の飼育・栽培」
10生活科の授業実践⑦ 教材研究「地域と生活」
11幼保小の連続性 スタートカリキュラム 安全指導について
12指導案の記述 教師の支援と共感的理解 模擬授業について
13指導案作成と模擬授業①
14指導案作成と模擬授業②
15成果の共有
授業時間外における学習方法 ・生活科の見方・考え方「身近な人々、社会及び自然を自分との関わりで捉え、よりよい生活に向けて思いや願いを実現すること」の視点から、自然や地域の文化、社会、人と積極的に関わり、自らの体験を豊かにするとともに生活科との関連を振り返る。
・日常生活のなかで授業で扱った教材を含め、事物・現象、出来事を教材化の観点から調べる。 
授業のキーワード 生活科 気付き グループ学習 試行錯誤 伝え合い 相互啓発 体験 教材解釈 指導技術 
受講補足(履修制限等) 春学期の「生活科研究」を履修登録した学生は同じ年度の秋学期には履修登録できない。※2年生は履修不可 
学生へのメッセージ 生活科の授業見学、農園での栽培活動を予定しています。子供の視点で積極的に関わってください。動物を飼ったり植物を育てたりする活動もぜひ、個人で取り組んでください。そこには新たな発見や感動があります。もの、人、事との関わりが感性を磨きます。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.