タイトル「2019年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2019年度 教育学部シラバス-家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   初等家庭科教育法  
担当教員   平 和香子  
対象学年   3年   クラス   10  
講義室   S103    開講学期   春学期  
曜日・時限   火4   単位区分   必修  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小学校各教科指導法、初等教育教員養成課程社会選修小学校各教科指導法 
備考  対象:A社会 A17-0145~/Aもの 
ねらいと目標 ① 小学校家庭科領域における目標や内容の分析を通じ、教科内容のねらいと学習過程を理解する。
② 効果的な学習指導法及び教育評価を学び、発展的な教材研究や教育実践力等の資質や能力を身につける。
③ 衣食住や家族の生活などに関する実践及び体験的学習を通じ、家庭生活を大切にする心情や教育のための実践的な態度を育てる。
 
内容 家庭生活における諸課題と小学校家庭科教育との関係性を踏まえ、現代の小学校家庭科教育の意義や課題等について理解し、授業実践に必要な基礎的な知識と教育実践力を身につける。 
テキスト ① 文部科学省 『小学校学習指導要領解説家庭編』日本文教出版 97円
② わたしたちの家庭科(小学校教科書)開隆堂
③ 生きる力をつける学習~未来をひらく家庭科~ 教育実務センター 望月一枝他 2592円
 
参考文献 ①『評価規準の作成、評価方法等の工夫改善のための参考資料 小学校 家庭』 国立教育政策研究所教育課程研究センター 286円
②『題材設定から評価までバッチリ! 小学校家庭科授業づくり』 筒井恭子 明治図書出版 2484円
③『家庭科教育』(教科教育学シリーズ)大竹美登利他 一藝社 2200円

その他、授業内で随時紹介する。
 
成績評価方法 ①平常点評価(毎回のコメントシート) 20%
②ディスカッション及びプレゼン評価(複数回予定) 20%
③レポート評価(指導案等作成、複数回予定)30%
④期末試験 30% 
以上の内容から総合的に判断し評価する。
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業ガイダンス 小学校家庭科教育の理念及び意義
2家庭科教育の歴史的変遷 家政学と家庭科
3家庭生活の社会的変化及び現状と小学校家庭科の役割
4小学校家庭科における学習指導要領の目標と内容構成及び取扱い
5小学校家庭科と総合的学習、道徳、栄養教育との関連性
6小学校家庭科における評価方法及び授業の工夫
7学習指導計画の作成方法及び授業案の形式
8授業案の立案方法及び基本的視点と留意点
9小学校家庭科における教育実践例①(調理実習)
10小学校家庭科における教育実践例②(調理実習)
11教材作成及び指導案立案①家庭生活と家族
12教材作成及び指導案立案②日常の食事と調理の基礎
13教材作成及び指導案立案③快適な衣服と住まい
14教材作成及び指導案立案④身近な消費生活と環境
15まとめ(期末試験)
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 調理実習や被服製作実習を行う関係上、受講調整を行う場合があります。
そのため、対象学科及び学年以外の受講希望学生は、第1回目の授業の際に、必ず出席をして下さい。 
学生へのメッセージ ①本授業では、学生が主体的に協同で学び合う場を提供したいと考えています。そのため、積極的な授業参加を希望します。
②欠席時のプリント類は、各自で確保しておいて下さい。次回以降に渡すことは行いません。
③調理実習及び被服製作実習の時間があります。エプロン、上履き、三角巾、マスク、裁縫道具箱(セット)を各自必ず用意しておいて下さい。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.