タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 理科教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   気象学特論(bb)  
担当教員   佐藤 尚毅  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火5   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  理科教育専攻地学・環境科学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻化学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻生物学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻物理学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻理科教育コース理科教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 比較的大きい空間スケールでの大気の運動の特性について、とくに対流や波動に注目しながら、地球流体力学という観点から理解することを目標とする。 
内容 流体力学の基本法則に基づいて、浅水方程式系を導出し、赤道波のしくみを理論的に解説する。また、熱帯海洋上での大気の力学や熱力学を定式化し、熱帯低気圧の発達を定量的に議論する。さらに、中高緯度での大きい空間スケールでの変動に関係する定常ロスビー波の特性についても論じる。 
テキスト 専用のテキストを印刷して配布する。 
参考文献 総観気象学入門・小倉義光・東京大学出版会・4,000円+税、Introduction to Circulating Atmospheres・James, I. N.・Cambridge Univ. Press。 
成績評価方法 最終テストのみで評価する。テストでは、参考書・ノート・プリント等の持ち込みは不可とする。授業内容の理解度について、方程式や関連する物理量の数学的な導出やその物理的な意味の理解などの観点で評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2ハドレー循環
3浅水方程式系
4赤道波の概観
5赤道ケルビン波
6赤道ケルビン波以外の赤道波
7熱帯低気圧の概観
8第2種条件つき不安定(1)
9第2種条件つき不安定(2)
10渦度方程式
11定常ロスビー波の概観
12定常ロスビー波の分散関係
13定常ロスビー波の伝播特性
14波活動度フラックス
15まとめ
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 学部レベルの数学、物理学、気象学、地球流体力学の知識を必要とする。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.