タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 理科教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   植物形態学(ab)  
担当教員   岩元 明敏  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木6   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  理科教育専攻地学・環境科学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻化学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻生物学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻物理学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻理科教育コース理科教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 植物形態、特に被子植物における花の構造の多様性を理解することを目指す。
 
内容 本科目では、下記の内容の講義とそれらに関するディスカッションを行う。
・ 被子植物各群における花の構造とその特徴:被子植物の各グループの花の構造と特徴を系統に沿って説明していく。特に、真正双子葉植物の花について詳しく講義を行う予定である。
・花の構造と遺伝子発現:被子植物における花の構造と遺伝子発現との関連について解説する。特に、モデル植物であるシロイヌナズナでの花形成関連遺伝子の発現と花構造との関連について詳しく講義を行う予定である。
 
テキスト Ronse De Craene, L.P. 2010. Floral diagrams: an aid to understanding flower morphology and evolution. Cambridge University Press.  
参考文献 授業中に随時提示する。 
成績評価方法 テスト(70%)と平常点(30%)  
授業スケジュール(展開計画) 1.真正双子葉植物の花の構造 1-5週目
2.系統と花の構造 5-10週目
3.花の構造と遺伝子発現 11-15週目  
授業のキーワード 植物形態、花、ディスカッション 
受講補足(履修制限等) 本講義は自然科学系1号館N114で行う。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.