タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 理科教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   動物発生学(aa)  
担当教員   三田 雅敏  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  理科教育専攻化学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻地学・環境科学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻生物学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻物理学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻理科教育コース理科教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 有性生殖の意味を踏まえた上で、生殖細胞の分化・成熟過程について理解する。 
内容 性決定、性分化、減数分裂、精子形成、卵黄形成、卵成熟について特に詳しく取り上げ、それらに関わる細胞や分子がどのように調節され、制御されているかについて解説する。 
テキスト Developmental Biology, Eleventh Edition, Scott F. Gilbert and Michael J. F. Barresi (2016) Oxford University Press. ISBN: 9781605354705  
参考文献 ヒトの受精のタイミング(鈴木秋悦著)講談社サイエンティフィック 
成績評価方法 平常評価点 40%
最終テスト 60%  
授業スケジュール(展開計画)
内容
1生殖細胞系列
2性決定
3性分化-1:遺伝的性決定
4性分化-2:その他の性決定様式
5生殖とホルモン-1:生殖腺刺激ホルモン
6生殖とホルモン-2:卵成熟誘起ホルモン
7卵黄形成
8卵成熟
9精子形成
10脳の性分化-1:エストロゲンとアンドロゲン
11脳の性分化-2:男脳と女脳
12フェロモン-1:性フェロモンとは?
13フェロモン-2:ソデフリン
14生殖補助医療
15まとめ 全体を振り返り、最終テストを実施する
授業のキーワード 生殖腺刺激ホルモン,性の役割 
受講補足(履修制限等) 基礎生物学を研究する上で科学的なセンスやものの考え方を大切にしてほしい。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.