タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 理科教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   環境自然科学教育内容基礎研究法(ab)  
担当教員   堂囿 いくみ  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   木5   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  理科教育専攻地学・環境科学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻化学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻生物学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻物理学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻理科教育コース理科教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 植物と動物の相互作用をとおして、生物の適応と進化について学び、最新の研究動向について論文を読みながら理解し議論する。 
内容 春学期の環境自然科学教育内容基礎研究法で習得した知識を基に、科学論文を読み、最新の知見を自分自身で把握して内容を発表する。さらに、受講者全体でその内容について議論する。  
テキスト 随時指示する 
参考文献 随時配布する 
成績評価方法 課題レポート・発表を総合的に評価する 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1イントロダクション
2科学論文の検索方法
3科学論文の読み方(論文の構成)
4科学論文の選定
5科学論文の発表・議論
6科学論文レビューのための検索方法
7科学論文のレビュー発表
8科学論文のレビュー発表と議論
9研究背景の組み立て方
10修士論文の研究背景について発表
11研究背景の書き方
12論文ライティング
13研究計画作成法
14研究計画発表・議論
15まとめ
授業のキーワード 植物繁殖生態学、生物間相互作用、進化 
受講補足(履修制限等) 原則として、春学期の環境自然科学教育内容基礎研究法をを履修していることを前提に授業を行います。  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.