タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 理科教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   物理化学特論Ⅳ(a)  
担当教員   生尾 光  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   金5   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  理科教育専攻地学・環境科学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻化学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻生物学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻物理学コース理科教育専攻開設科目、理科教育専攻理科教育コース理科教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 分子の性質はその構造と密接に関係している。本講義では分子構造を決定する要因を探るべく計算化学的手法を学ぶことによってより深い視点で分子構造について理解する。教材として用いる学術論文のプレゼンテーションやディスカッションを通して著者の意図する図の構造やその解釈、議論の内容についてイメージを持って理解し発表できるようにすることを目標とする。  
内容 実験を補完し更には未知の物質の物性予測まで行われるようになってきた計算化学的手法にかかわるる学術論文を教材として学生によるプレゼンテーションやディスカッションを通して著者の意図する図の構造やその解釈、議論の内容についてイメージを持って理解する。 
テキスト 特に定めない。 
参考文献 適宜紹介する。 
成績評価方法 プレゼンテーションの内容や課題に対するレポートにより総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンスと課題の選定
2分子メカニクス法の解説:計算化学への導入として
3経験的分子軌道法についての解説
4非経験的分子軌道法についての解説
5分子動力学的手法についての解説
6課題に基づく学生による発表・議論(1)
7課題に基づく学生による発表・議論(2)
8課題に基づく学生による発表・議論(3)
9課題に基づく学生による発表・議論(4)
10課題に基づく学生による発表・議論(5)
11課題に基づく学生による発表・議論(6)
12学生による発表・議論に対するコメントおよび応用例などについての解説(1)
13学生による発表・議論に対するコメントおよび応用例などについての解説(2)
14最終課題の提示およびポイントの説明
15レポート提出と講評
授業のキーワード 計算化学、分子軌道法、分子動力学 
受講補足(履修制限等) 大学において物理化学を履修していること。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.