タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 理科教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   化学教育研究法(aa)  
担当教員   吉原 伸敏  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   水3   単位区分   選必  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  理科教育専攻物理学コース自専攻教育実践研究法、理科教育専攻生物学コース自専攻教育実践研究法、理科教育専攻理科教育コース自専攻教育実践研究法、理科教育専攻地学・環境科学コース自専攻教育実践研究法、理科教育専攻化学コース自専攻教育実践研究法 
備考   
ねらいと目標 新しい化学教育の在り方を理解し実践能力を養う。 
内容 「Inquiry-Based Experiments in Chemistry」「Chemical Demonstrations: A Sourse Book for Teachers」等を題材として、これからの化学教育に対応するための教授法について論じる。 
テキスト V. L. Lechtanski著「Inquiry-Based Experiments in Chemistry」Oxford Univ. Press (2000). 
参考文献  
成績評価方法 討論、レポートによって総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 1.Inquiry-Based Experimentsにおける考え方と探求実験   2.科学コミュニケーション   3.Chemical Demonstrationとその活用  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.