タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 学校教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   幼児教育フィールド研究(b)  
担当教員   水﨑 誠  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   水1   単位区分   選択,選必  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  学校教育専攻学校教育コース学校教育専攻開設科目、学校教育専攻幼児教育コース自専攻教育実践研究法 
備考   
ねらいと目標 幼稚園でのフィールドワークを通して,今日の幼稚園教育について,実践的に理解を深める。 
内容 先行研究を研究方法に着目して精読する。受講生自らが,何らかのテーマを設定し,そのテーマに基づいて実際にフィールドワークを行う。そこで得られた観察結果について,検討していく。 
テキスト 特に定めない 
参考文献 箕浦康子(1999)『フィールドワークの技法と実際-エスノグラフィー入門-』ミネルヴァ書房
柴山真琴(2006)『子どもエスノグラフィー入門-技法の基礎から活用まで-』新曜社 
成績評価方法 課題発表40%,授業での議論への参加度40%,最終レポート20%により総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 初回はオリエンテーションであり,受講者の関心を確認する。その後は,その関心に応じて授業を展開する。次のような内容を取り扱う。
さまざまな研究方法,フィールドワークについて,代表的な先行研究,協力幼稚園における観察,記録の分析および考察,討議  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等) 協力幼稚園で午前中に観察を行うため,1~2時限続けて受講可能であることを条件とする。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.