タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 学校教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   教育社会学方法論演習(b)  
担当教員   金子 真理子  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   カリ第3   開講学期   秋学期  
曜日・時限   火2   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  学校教育専攻学校教育コース学校教育専攻開設科目、学校教育専攻幼児教育コース学校教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標  この授業では、「教育格差」「教師の働き方」「いじめ」等、学校教育課題の語られ方に注目し、子どもが育つ環境としての学校、家庭、社会について分析するとともに、子どもが顕在的・潜在的カリキュラムを通していかなる能力と「ものの見方」を身につけているのかを検討する。

 
内容 全員が資料や文献を読んでくることを前提とする。毎回担当者を決めて報告してもらい、それをもとに全員参加のディスカッションをする。  
テキスト 初回の授業で指示する。適宜資料を配布する。  
参考文献 苅谷剛彦2001『階層化日本と教育危機-不平等再生産から意欲格差社会へ』有信堂
古賀正義・山田哲也編2017『現代社会の児童生徒指導』放送大学教育振興会
日本教育社会学会編(稲垣恭子・内田良責任編集)『教育社会学のフロンティア2 変容する社会と教育のゆくえ』岩波書店
M.F.D.Young2002,The Curriculum of the Future : From the ‘New Sociology of Education’ to a Critical Theory of Learning,(大田直子監訳『過去のカリキュラム・未来のカリキュラム-学習の批判理論に向けて-』東京都立大学出版会2002年)
額賀美紗子「多文化教育における「公正な教育方法」再考-日米教育実践のエスノグラフィー」
渡辺雅子2004『納得の構造-日米初等教育に見る思考表現のスタイル』東洋館出版社
Willis, P., 1977 Learning to Labour: How Working Class Kids get Working Class Jobs, (熊沢誠・山田潤訳『ハマータウンの野郎ども-学校への反抗・労働への順応』筑摩書房
 
成績評価方法 授業における報告内容を中心として、授業への参加状況を加味する。 
授業スケジュール(展開計画) 第1回 オリエンテーション
第2回〜第10回 カリキュラムと教師に関する社会学的文献の購読と議論
第15回 まとめ
 
授業のキーワード カリキュラム 教師 教職 授業 戦後日本社会 国際比較 
受講補足(履修制限等)  
その他 講義室について:芸術スポーツ研究棟2号館2階の第3会議室(教員養成カリキュラム開発研究センター会議室)で開講。  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.