タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 学校教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   教育社会学研究A(b)  
担当教員   伊藤 秀樹  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   春学期  
曜日・時限   火6   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  学校教育専攻学校教育コース学校教育専攻開設科目、学校教育専攻幼児教育コース学校教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 テーマ:「『学校』外の学びの場の社会学」
教育問題や若者の問題について、社会学の視点に基づきながら理解することをねらいとする。今年度は、学校教育法で規定される「学校」以外の学びの場に着目し、それらの学びの場がどのような意義と特徴を持ち、どのような困難に直面しているのかについて理解することを目標とする。 
内容 事前に文献を読み、毎回ワークシートにコメント等を記入して、授業に持参する。(レポーター制度は採用しない。)授業では、ワークシートに記入されたコメントをもとに、ディスカッションを行う。  
テキスト 初回の授業の際に提示する。 
参考文献 広田照幸・古賀正義・伊藤茂樹編,2012『現代日本の少年院教育』名古屋大学出版会.
志水宏吉・中島智子・鍛治致編,2014,『日本の外国人学校』明石書店.
岩槻知也編,2016,『社会的困難を生きる若者と学習支援』明石書店.
※その他の参考文献は、授業の際に適宜提示する。  
成績評価方法 平常点評価(ディスカッションへの参加状況) 40%
各回のワークシートの提出 60% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2不登校の子どもと居場所(1)
3不登校の子どもと居場所(2)
4フリースクール(1)
5フリースクール(2)
6サポート校(1)
7サポート校(2)
8少年院(1)
9少年院(2)
10少年院(3)
11外国人学校(1)
12外国人学校(2)
13外国人学校(3)
14夜間中学
15まとめとディスカッション
授業のキーワード 教育社会学 フリースクール サポート校 少年院 外国人学校 夜間中学 ディスカッション アクティブ・ラーニング 
受講補足(履修制限等)  
その他 教育実践開発科目群 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.