タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 学校教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   教育経営学演習(b)  
担当教員   末松 裕基  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   火6   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  学校教育専攻学校教育コース学校教育専攻開設科目、学校教育専攻幼児教育コース学校教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 日本やイギリスをはじめ、学校経営改革について、資料・映像も用いながら検討を行う。 
内容 1970年代以降の日本とイギリスの学校経営改革を中心に、それらの社会・政治的背景も踏まえて理論的検討を行う。 
テキスト ・授業開始時に指定する。 
参考文献 ・末松裕基編著『現代の学校を読み解く―学校の現在地と教育の未来』春風社、2016年。
・末松裕基・林寛平編著『未来をつかむ学級経営―学級のリアル・ロマン・キボウ』学文社、2016年。
・末松裕基編著『教育経営論』学文社、2017年。
・佐藤博志・鞍馬裕美・末松裕基『学校経営の国際的探究―イギリス・アメリカ・日本』酒井書店、2012年。
・小島弘道・熊谷愼之輔・末松裕基『学校づくりとスクールミドル』学文社、2012年。
・天笠茂編集代表『学校管理職の経営課題』(全5巻)ぎょうせい、2011年。
・篠原清昭編著『学校改善マネジメント』ミネルヴァ書房、2012年。
・篠原清昭編著『スクールマネジメント―新しい学校経営の方法と実践』ミネルヴァ書房、2006年。
・佐古秀一・武井敦史・曽余田浩史『学校づくりの組織論』学文社、2011年。
・小島弘道・露口健司・淵上克義『スクールリーダーシップ』学文社、2010年。  
成績評価方法 レポート。授業中に書いてもらう感想や討議への参加状況なども加味する。 
授業スケジュール(展開計画) ・分権改革、規制改革と教育の関係
・小さな政府と教育の関係
・サッチャー保守党の教育改革
・ブレア労働党の教育改革
・現場主義の学校経営改革の展開と課題
・「大きな社会」構想と教育改革
・保守・自民連立政権の学校経営改革の構造  
授業のキーワード イギリス学校経営改革、スクールリーダー、ポストモダンの教育改革、教育と政治 
受講補足(履修制限等)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.