タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 学校教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   現代授業研究特論(b)  
担当教員   櫻井 眞治  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   研究室     開講学期   春学期  
曜日・時限   月4   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  学校教育専攻学校教育コース学校教育専攻開設科目、学校教育専攻幼児教育コース学校教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 ・授業映像や授業記録、実際の授業から、「子どもと教師が力を発揮してつくる授業」の様相と、それを支えているものについて考察する。
・文献や映像等から、授業研究の動向についてとらえる。 
内容 ・授業映像や授業記録をめぐる協議と考察。
・授業研究の動向についての発表と協議。
・希望者による公開授業研究会への参加と協議。 
テキスト 指定しない。 
参考文献 必要に応じて、紹介・配付する。 
成績評価方法 出席状況、発表内容、協議への関わり、レポートの内容等から、総合的に判断する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2授業映像の視聴と協議 1
3授業映像の視聴と協議 2
4授業記録を読み、協議する 1
5授業記録を読み、協議する 2
6授業研究の動向 レポート発表と協議 1
7授業研究の動向 レポート発表と協議 2
8授業映像の視聴と協議 3
9授業映像の視聴と協議 4
10授業記録を読み、協議する 3
11授業記録を読み、協議する 4
12授業研究の動向 レポート発表と協議 3
13授業研究の動向 レポート発表と協議 4
14授業実践の報告と協議 1
15授業実践の報告と協議 2

本授業の成果と課題の整理
授業のキーワード ・子どもと教師が力を発揮してつくる授業
・授業研究の動向
・授業映像・授業記録と考察 
受講補足(履修制限等) ・様々な校種、教科・領域の授業を対象にする。
・扱う授業映像や文献は、受講者の問題意識に応じて設定する。
・希望者と公開研究会、校内研究会に参加し、協議することも予定している。
・現職者も含めた実践経験知の交流と省察を重視する。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.