タイトル「2018年度 教育学研究科シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学研究科シラバス - 学校教育専攻
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   教育行政学演習(aa)  
担当教員   佐々木 幸寿  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室     開講学期   秋学期  
曜日・時限   水7   単位区分   選択  
授業形態   一般講義   単位数  
受講対象  学校教育専攻学校教育コース学校教育専攻開設科目、学校教育専攻幼児教育コース学校教育専攻開設科目 
備考   
ねらいと目標 現代における教育法及び学校法,教育行政の在り方について,憲法との関係から総合的,理論的な検討を行い,学校法の在り方について追究する。 
内容 第1回:オリエンテーション
第2回:憲法とは
第3回:基本的人権の尊重(外国人の教育を受ける権利)
第4回:個人の尊重,生命自由幸福追求の権利(校則と生徒の自己決定権)
第5回:法の下の平等(教育の機会均等と障害者の教育を受ける権利)
第6回:公民の選定罷免権,全体の奉仕者(政治的行為の制限,労働基本権の制限)
第7回:思想及び良心の自由(国旗国歌指導と職務命令)
第8回:信教の自由(宗教教育,エホバの証人事件)
第9回:学問の自由(教師の教育の自由)
第10回:表現の自由(教科書検定制度)
第11回:教育を受ける権利(学習権)
第12回:義務教育(義務教育と夜間中学)
第13回:公の財産の用途制限(私学助成の問題)
第14回:教育行政(教育委員会制度論)
第15回:まとめ 
テキスト 佐々木幸寿『改正教育基本法-制定過程と政府解釈の論点』(日本文教出版,2016)

 
参考文献 若井彌一監修『2019年度版 必携教職六法』(協同出版,2018年) 
成績評価方法 出席状況,発表の内容等を総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画) 学生のプレゼンターション,発表を中心に,憲法と学校教育の関係についてのテーマや課題を追究する。  
授業のキーワード 憲法と学校教育の関係の視点から,学校法及び教育行政の在り方を追究する。 
受講補足(履修制限等)  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.