タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   スポーツ・フィットネス実習  
担当教員   武内 麻美  
対象学年   1年   クラス   24  
講義室   体育施設    開講学期   春学期  
曜日・時限   水3   単位区分   必修  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  健・スポ領域:必修共通 
備考  対象:AB音楽/美術 A保体/学教/学心/国際/幼教 B書道 C特支 D養護 内容:エアロビックス 
ねらいと目標 1.健康維持増進・体力向上・ストレス解消・リラクゼーションについての学習を行い、エアロビクスを教材として協調性を養いながら運動を楽しむことを目的とする。
2.エアロビクスの特性を理解する。
3.全身的なストレッチの方法を覚える。 
内容 エアロビクスの歴史を学ぶ。
エアロビクスの特性を学ぶ。
全身的なストレッチ法を学ぶ。
個人的な目標を設定し、有酸素運動を行う。
授業の後半はグループでエアロビクスダンスの演技創作を行い、発表する。 
テキスト 授業時に配布。 
参考文献 授業時に配布。 
成績評価方法 出席率60%
意欲、態度40% 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2エアロビクスの歴史を学ぶ。
自己紹介等。
3姿勢を改善し、全身的なストレッチ法を学ぶ。
リズムに乗ることの楽しさを体感する。
4全身的なストレッチ法を学ぶ。
エアロビクスの初級ステップ①を学ぶ。
5全身的なストレッチ法を学ぶ。
エアロビクスの初級ステップ②を学ぶ。
6全身的なストレッチ法を学ぶ。
エアロビクスの初級ステップ③を学ぶ。
7エアロビクスの中級ステップ①を学ぶ。
8エアロビクスの中級ステップ②を学ぶ。
9エアロビクスの中級ステップ③を学ぶ。
10グループに分かれ、自由に踊る。
11グループで創作活動を行う。
12グループで創作活動を行う。
13グループで創作活動を行う。
14発表。
15総評。
授業時間外における学習方法  
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ 踊ることが好き、運動不足解消など、目的は様々で構いません!
楽しく体を動かしながら、毎回の授業を一緒に充実させましょう。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.