タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   Cross-cultural Teaching Practice  
担当教員   戸田 孝子  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   W201    開講学期   秋学期  
曜日・時限   火4   単位区分   選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国際教育選修選択科目A 
備考   
ねらいと目標 達成目標:英語で、留学生と教育についての議論をしたり、留学生による英語の授業にこども役として参加したり、自らが英語で模擬授業を行うことができるようになる。 
内容 (枠内に英文で、留学生配布シラバスの全文が掲載できないため、授業初回で、英文シラバスを配布します。
留学生に尋ねてみたい教育・学校・授業における質問を準備してきてください。
また、デスカッションしてみたいテーマについても考えてから参加してください。以下は、初回には行わず、授業中に、英語のシラバスで説明します。
First, each student will prepare 3-5 minutes introductory speech as a teacher.
You will introduce yourself writing your name on a blackboard with your native language and add a short message to encourage students learning and progress during this autumn term.
Secondly, you will prepare 15 minutes lecture - question style class or 15minutes direction
-activity style class. The second presentation can be organised individually or as a group
teaching. The third presentaion will be 45-60minutes gpresentation.
For preparing the second presentation, you will have group talking sessions after the
first presentations in each class. In the latter part of each class, you will form small groups
and discuss a topic which the lecturer will prepare getting the ideas form students shared
interests.  
テキスト  
参考文献  
成績評価方法 Submission of Attendance Record Sheet
Submission of Presentation Record Sheet.
Submission of Classcontribution Sheeet. 
授業スケジュール(展開計画) 23 October 30 October: Presentation 1 and group talking session
6 November-11 December: Presentation 2
18 December to 29 January: Presentation 3
5 February: Making YOSEGAKI  
授業時間外における学習方法 Preparation for presentation 
授業のキーワード Presentation, co-learning with Japanese students 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ Through the activities in this class, you will find your hidden talents and abilities to become leaders in your future careers.
 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.