タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国際教育演習E  
担当教員   橋本 美保  
対象学年   3年   クラス   01  
講義室   N204    開講学期   春学期  
曜日・時限   金3   単位区分   選必  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国際教育選修選択科目A 
備考   
ねらいと目標 教育、子ども、学校と社会、他国との教育交流など教育研究の対象を多角的にとりあげ、国際教育の視点から問題設定をする構成力、および歴史的な方法による研究方法を学ぶ。 
内容 国際教育研究の対象として個別のテーマを設定し、個々人がそのテーマについて歴史的なアプローチによる調査を行う。毎回行われる受講者の報告を通して、歴史的なデータが現在の国際教育に関する課題について提示しうる意味を議論する。 
テキスト 特に指定しない。 
参考文献 授業の中で適宜紹介する。 
成績評価方法 毎回の報告と議論の様子などから総合的に評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2テーマの設定
3テーマの設定
4テーマの設定
5研究成果の報告と討論
6研究成果の報告と討論
7研究成果の報告と討論
8研究成果の報告と討論
9研究成果の報告と討論
10研究成果の報告と討論
11研究成果の報告と討論
12研究成果の報告と討論
13研究成果の報告と討論
14研究成果の報告と討論
15最終時: 総括
授業時間外における学習方法 テーマに関する先行研究を収集・読解するだけでなく、関連する問題や背景を考えることによって、他の人のテーマとの関連や、教育の普遍的な問題について考察しておく。授業後には、授業における議論の論点を整理し、授業のねらいの達成度や自身の意見をまとめてみる。 
授業のキーワード 教育交流史
 
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
その他 初回にオリエンテーションを行った後、テーマと報告順を決定する。その後は毎時、順番に受講者の研究成果について報告しあい、テーマに関する討議を行う。最後の授業で総括を行う。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.