タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 国際教育(A類)
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国際教育基本文献講読  
担当教員   橋本 美保  
対象学年   1年   クラス   01  
講義室   C203    開講学期   秋学期  
曜日・時限   木2   単位区分   必修  
授業形態   演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程国際教育選修必修科目 
備考   
ねらいと目標 教育、子ども、学校と社会、他国との教育交流など教育研究の対象を多角的に理解し、かつ国際教育の基本的な哲学を理解することをねらいとする。国際教育研究を専門化するための基礎的な作業として文献の扱い方を学ぶ。 
内容 国際教育研究の対象として複数のテーマを設定し、そのテーマを考えるための材料としての文献を指定し、全員で講読する。毎回、文献の内容の要約と解釈を報告しあい、討議をとおしてさらなる発展へと方向付ける。 
テキスト 一冊目: R.P.ドーア『学歴社会―新しい文明病』岩波書店。二冊目以降の文献については授業で指定する。 
参考文献 授業の中で適宜紹介する。 
成績評価方法 授業での報告と討議の内容、および毎回提出するレポートを評価の対象とする。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2報告と討論
3報告と討論
4報告と討論
5報告と討論
6報告と討論
7報告と討論
8報告と討論
9報告と討論
10報告と討論
11報告と討論
12報告と討論
13報告と討論
14報告と討論
15最終時: 総括
授業時間外における学習方法 1.授業までに指定された箇所を読み、テキスト全体におけるその箇所の意味を把握した上でそれを要約し、自分の言葉で表現したレポートを作成する。
2.添削されたレポートを見直し、表記や形式、自分の解釈が妥当なものであったかどうかを確認する。
 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ  
その他 初回にオリエンテーションを行った後、毎時、全員で文献の内容の要約と解釈について報告しあい、テーマに関する討議を行う。最後の授業で総括を行う。なお、文献の内容と解釈に関するレポートを毎回提出する。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.