タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   体育科研究Ⅰ  
担当教員   塚本 博則  
対象学年   3年   クラス   07  
講義室   N302    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:体育、初等教育教員養成課程美術選修小教:体育、初等教育教員養成課程社会選修小教:体育、初等教育教員養成課程国語選修小教:体育、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:体育、初等教育教員養成課程音楽選修小教:体育、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:体育、初等教育教員養成課程数学選修小教:体育、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:体育、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:体育、初等教育教員養成課程英語選修小教:体育、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:体育、初等教育教員養成課程家庭選修小教:体育、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:体育、初等教育教員養成課程理科選修小教:体育、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:体育、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:体育、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:体育 
備考   
ねらいと目標 担当が附属小金井小学校の教員であることを生かし、体育授業時における単元設定の仕方、場や用具・ルールの工夫、教師の言葉かけなど、小学校体育の指導法を実践的に理解する。 
内容 ボールゲームや体つくり運動を中心とした体育実技や、附属小金井小学校での授業観察を通して、教育実習時や小学校教員になったときに、実際に役立つ体育の指導法を学習する。
 
テキスト 特になし 
参考文献 小学校学習指導要領解説体育編 
成績評価方法 ○授業への参加度(出席状況、毎時間の振り返りカード)80%
○レポート「小学校体育の学習指導で大切なこと」20%
 レポートは、この授業を通して大切だと考えたことを書く。A4版1枚程度にまとめ、表紙をつけ、最後の授業時に提出する。
 
授業スケジュール(展開計画) ○第1回目の授業時に詳しいスケジュール表を配布する。授業は講義を含めた体育実技11回、授業観察2回、休講2回の予定。
○授業は主として大体育館と陸上競技場を使用する。授業観察のときは、附属小金井小学校で行う。


   
授業時間外における学習方法 特になし。 
授業のキーワード 体育実技 授業観察 現場 実践的理解 運動が苦手な子ども 
受講補足(履修制限等) 体育実技を行う都合上、人数は最大45人とする。それを超えた場合は、第1回目の授業の最初に抽選を行う。(ここ数年は毎回抽選を行っている。)その場合、下位学年の学生、第1回目の授業に遅刻した学生、第2回目の授業から参加した学生の履修は受け付けることができない。 
学生へのメッセージ 運動の得意な方だけでなく、運動が苦手な方や日頃運動不足の方も楽しめるような授業を展開する予定です。安心して履修してください。 
その他 ○服装・持ち物…運動のできる服装、体育館用の靴、授業会場が陸上競技場のときは外履き。
     実技のときは、危険防止のため、時計、アクセサリー等ははずしておく。
     授業参観のときは、教育実習時と同様の服装とし、上履きを持参する。
 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.