タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   体育科研究Ⅰ  
担当教員   今井 茂樹  
対象学年   3年   クラス   04  
講義室   N304    開講学期   春学期  
曜日・時限   金2   単位区分   必修  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:体育、初等教育教員養成課程国語選修小教:体育、初等教育教員養成課程美術選修小教:体育、初等教育教員養成課程社会選修小教:体育、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:体育、初等教育教員養成課程数学選修小教:体育、初等教育教員養成課程音楽選修小教:体育、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:体育、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:体育、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:体育、初等教育教員養成課程英語選修小教:体育、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:体育、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:体育、初等教育教員養成課程家庭選修小教:体育、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:体育、初等教育教員養成課程理科選修小教:体育、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:体育、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:体育 
備考   
ねらいと目標 担当が附属小金井小学校の教員であることを生かし、小学校体育授業における学習内容と指導法について実践的に理解する。 
内容 体育実技や附属小金井小学校での授業観察を通して、小学校体育における効果的な授業づくりのポイント(単元設定の仕方、場や用具、ルールの工夫、教師の支援など)と学習指導の具体を学ぶ。 
テキスト 特になし 
参考文献 小学校の体育授業づくり入門(学文社)
小学校学習指導要領解説体育編
 
成績評価方法 授業への参加度「出席状況、毎時間の振り返りカード」70%
レポート「小学校体育の学習指導や授業づくりで大切なこと」30%
 
授業スケジュール(展開計画)
内容
14/13 授業のねらいと進め方、内容についてのオリエンテーション
24/20 学級の約束事、体つくり運動「体ほぐしの運動・体力を高める運動」
新学年、新学級を担任した時の体育の楽しい約束づくりと体つくり運動の特性を知る。
34/27 ネット型ゲーム「テニピン(テニス型ゲーム)」
ネット型ゲームの特性を理解し、新しいボールゲームの学習可能性について考える。
45/11 走・跳の運動、陸上運動「はばとび」
低学年における走・跳の運動遊びの特性を知る。「はばとび」の学習指導や場のつくり方について考える。
55/18 ゴール型ゲーム「タグラグビー」、低学年のゲーム「鬼遊び」
タグラグビーのゲームの仕方を知り、攻め方・守り方を生かしたゲーム展開について考える。    
65/25 附属小金井小学校の授業観察 
担当教員による授業を観察し、授業を計画し実施する全体の様相をとらえる。
76/ 1 器械運動「マット運動・跳び箱運動」
感覚づくりの運動、個人のめあてのもたせ方と場の設定の仕方、技にポイントを知り、運動の特性を知る。
86/ 8 器械運動「マット運動・跳び箱運動」
個人のめあてに応じた学習指導、発展的な学習指導(シンクロマット、チーム跳び箱等)について考える。
9【以降、担当者が変わります】
10 
11 
12 
13 
14 
15 
授業時間外における学習方法 特になし 
授業のキーワード 運動の面白さ、授業づくり、授業観察、体育実技 
受講補足(履修制限等) 体育実技を行う都合上、人数は最大40名とする。それを超えた場合は、第1回目の最初に抽選を行う。その場合、下位学年の学生、第1回目の授業に遅刻した学生、第2回目の授業から参加した学生の履修は受け付けることができない。 
学生へのメッセージ 授業に参加しているすべての子どもたちが運動の面白さを味わうために、どのような授業をつくったらよいのか、一緒に考えていきましょう。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.