タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 保健体育科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   スポーツ・フィットネス実習  
担当教員   薄井 澄誉子  
対象学年   1年   クラス   07  
講義室   体育施設    開講学期   春学期  
曜日・時限   水3   単位区分   必修  
授業形態   実技/実験/実習   単位数  
受講対象  健・スポ領域:必修共通 
備考  対象:AB音楽/美術 A保体/学教/学心/国際/幼教 B書道 C特支 D養護 内容:テニス 
ねらいと目標 テニスの基本的な技術やルール、マナー、ゲームメーク等について習得することを目標としています。また、テニスというスポーツを通じて身体能力を向上させるだけでなく、ゲーム(ダブルス)を通して、ペア同士が協力しながらお互いの理解や信頼を築くことでコミュニケーション能力も養います。最終的に、テニスというスポーツが受講生の生涯スポーツとなるよう、授業を進めていきます。 
内容 授業は、実技が主体で、初心者が基準となります。前半の授業では、ストローク・ボレー・サーブ・スマッシュを中心に、テニスの基本的技術を習得します。後半の授業では、テニス経験者はもちろん、初めてテニスをする学生でも、ダブルスのゲームを楽しめるようにルールやマナー、審判方法も含めて習得します。 
テキスト 適宜資料を配布します。 
参考文献 特になし。 
成績評価方法 授業の出席状況を重視します(60%)。そのうえで、積極的な授業への参加態度、他の学生との協力、技術の習得度など(40%)を総合して評価を行います。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション
2ラケットワーク及びボールコントロール
3基礎的なストローク(フォア及びバック)①
4基礎的なストローク(フォア及びバック)②
5ボレー
6サービス及びサーブレシーブ①
7サービス及びサーブレシーブ②
8ダブルスのゲームの進め方及び審判方法
9ダブルスの陣形理解とゲーム
10グループ対抗戦①
11グループ対抗戦②
12グループ対抗戦③
13グループ対抗戦④
14グループ対抗戦⑤
15総評
授業時間外における学習方法 テニス(ダブルス)の試合の動画を観て、プレイヤーの基本的動作やコート内のポジションのとり方を確認する。 
授業のキーワード  
受講補足(履修制限等)  
学生へのメッセージ テニスの初心者も中級者も上級者も関係なく、一緒に身体を動かしながら、テニスを楽しみましょう!! 
その他 水分補給のため、水・お茶・スポーツドリンクなどを各自で用意してください。
怪我に繋がりますので、指輪やピアス、ネックレスなど貴金属類は外して授業に望んでください。
天候により、教室での講義や他の種目を行うことがあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.