タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 経済学
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   生活科研究  
担当教員   鈴木 力  
対象学年   3年   クラス   02  
講義室   N103    開講学期   春学期  
曜日・時限   水2   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程理科選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程美術選修小教:生活、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程英語選修小教:生活、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教、初等教育教員養成課程家庭選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程国語選修小教:生活、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:生活、初等教育教員養成課程数学選修小教:生活、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:生活、初等教育教員養成課程社会選修小教:生活、初等教育教員養成課程音楽選修小教:生活、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:生活 
備考  Aコース ※2年生履修不可 
ねらいと目標 生活科における身近な生活世界における体験学習の意義を理解する。また、生活科の授業を行うための具体的な技法や視点を身につける。 
内容 本科目では、授業内におけるワークショップや、フィールドワーク、ヒアリング活動を通じて、身近な生活世界における体験学習の意義を理解してもらう。また、体験した内容を幾つかの発表方法において授業内で発表を行ってもらうことで体験の記録・分析・構成・表現について学んでもらう。
講義の中で大学散策ワークショップでは「学内のバリアフリー」について、ヒアリング調査ワークショップでは「身近な人の働きかたや働く意味」について調べて発表してもらう予定である。 
テキスト 特になし。適宜、資料を配布します。 
参考文献 文部科学省「小学校学習指導要領(平成29年度告示)解説 生活編」東洋館出版社 
成績評価方法 レポートや発表内容(70%)、授業内における発言や参加姿勢(30%)によって評価する。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス
2生活科研究では何を学ぶか
3観察法➀
4観察法②
5観察法③
6生活科のビデオ学習
7大学散策ワークショップ➀
8大学散策ワークショップ②
9大学散策ワークショップ③
10大学散策ワークショップの振り返り
11ヒアリング調査ワークショップ➀
12ヒアリング調査ワークショップ②
13ヒアリング調査ワークショップ③
14授業の振り返りとまとめ➀
15授業の振り返りとまとめ②
授業時間外における学習方法 日常的に、自分の周りの生活環境について、色々な立場の視点に立って考えてみること。また、現代社会についてニュースや新聞記事に目を通すこと。 
授業のキーワード 生活世界、体験学習、キャンパス生活、働くこと、ワークショップ 
受講補足(履修制限等) 本科目ではディスカッションや、共同作業、ワークショップが中心となります。 
学生へのメッセージ ディスカッションや質問など積極的な取り組みを歓迎します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.