タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 地理学
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   生活科研究  
担当教員   椿 真智子  
対象学年   3年   クラス   11  
講義室   N402    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水1   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義・演習   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程理科選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程美術選修小教:生活、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:生活、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程英語選修小教:生活、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:生活、特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:生活、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:生活、初等教育教員養成課程家庭選修小教:生活、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:生活、初等教育教員養成課程国語選修小教:生活、初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:生活、初等教育教員養成課程社会選修小教:生活、初等教育教員養成課程数学選修小教:生活、初等教育教員養成課程音楽選修小教:生活、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:生活、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:生活 
備考  Bコース ※2年生履修不可 
ねらいと目標 生活科の最大のねらいである身近な人びとや自然環境、社会・場所とのかかわりに関心をもち、子どもが生活・成長していく上で意味を持つ習慣・技能を自ら身につけるために必要な知識・技能を体験的に学ぶ。加えて、生活科の学習内容や子どもの生活行動と環境認識の特徴について理解を深め、、観察・フィールドワークをとおして、日常生活をとりまく様々な事象・現象の関係性を客観的・多角的に考察するための知識・技能を習得する。 
内容 前半は講義と学芸大周辺でのミニ・フィールドワーク(週末に1回)、後半は「学芸大フレンドシップ・プロジェクト」をテーマに、グループでのインタビュー調査&プレゼンテーションを実践する。
「学芸大フレンドシップ・プロジェクト」:私たちが日常生活を共有する学芸大キャンパスは、さまざまな人びとにより支えられ、創造され、日々変化している。本プロジェクトは、「生活科」の目標にてらして、キャンパスを構成するさまざまな立場の人びとに焦点をあて、普段身近に存在しながら交流することの少ない方々の存在や役割、自己との関係性を理解し、直接的コミュニケーションをとおして相互理解を深めることをねらいとする。
(1)生活科の目標や内容の特徴を理解する。
(2)子どもや自分たちの身近な地域・環境や生活行動を客観的に見る・考えるための枠組みや視点、フィールドワークについて学ぶ。
(3)ミニ・フィールドワークを実践する。
(4)「学芸大フレンドシップ・プロジェクト」の目的・企画・対象者の検討
(5)グループごとにインタビュー調査を実施
(6)その結果を分析・考察する。
(7)調査結果についてグループごとにプレゼンテーションを行い、全員で議論する。

 
テキスト テキストは使用しません。 
参考文献 授業時に適宜示します。 
成績評価方法 授業およびグループワークやプレゼンテーション等への参加状況や活動内容等をもとに総合的に判断します。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1イントロダクション:生活科のねらいと課題
2身近な地域の学習とフィールドワークについて
3子どもの環境知覚と生活行動・その1
4子どもの環境知覚と生活行動・その2
5「学芸大フレンドシップ・プロジェクト」の目的・課題・内容の検討
6グループワークその1:調査対象者および内容の検討
7グループワークその2:調査活動
8グループワークその3:調査活動
9グループワークその4:調査活動
10調査内容の中間発表
11グループワークその5:調査分析・考察
12グループワークその6:調査内容のまとめとプレゼンテーションの準備
13成果発表その1
14成果発表その2
15まとめ
授業時間外における学習方法 「学芸大フレンドシップ・プロジェクト」では、グループワークとしてのインタビュー調査や調査内容の整理・考察などを授業時間外に適宜実施していただくことになると思います。また週末に大学周辺でのミニ・フィールドワークを実施します(日時は授業開始後に相談します)。 
授業のキーワード 身近な地域、環境、生活、フィールドワーク 
受講補足(履修制限等) 本授業では学校見学等は行いません。学芸大周辺でのミニ・フィールドワークを土曜日半日で1回行います。日時は10月下旬から11月上旬の土曜10:00~12:30の予定。受講人数によっては2回にわけて実施します。 
学生へのメッセージ 柔軟な思考で主体的・創造的に取り組んでいただけることを期待します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.