タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 国語科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   国語科研究  
担当教員   佐藤 正光  
対象学年   3年   クラス   12  
講義室   C203    開講学期   秋学期  
曜日・時限   水2   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  特別支援教育教員養成課程言語障害教育専攻 小免小教:国語、初等教育教員養成課程学校心理選修小教:国語、初等教育教員養成課程社会選修小教:国語、特別支援教育教員養成課程学習障害教育専攻 小免小教:国語、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修小教:国語、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:国語、初等教育教員養成課程美術選修小教:国語、初等教育教員養成課程理科選修小教:国語、初等教育教員養成課程幼児教育選修幼教、初等教育教員養成課程音楽選修小教:国語、初等教育教員養成課程情報教育選修小教:国語、初等教育教員養成課程数学選修小教:国語、特別支援教育教員養成課程発達障害教育専攻 小免小教:国語、初等教育教員養成課程保健体育選修小教:国語、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:国語、特別支援教育教員養成課程聴覚障害教育専攻 小免小教:国語、初等教育教員養成課程家庭選修小教:国語、初等教育教員養成課程英語選修小教:国語、初等教育教員養成課程学校教育選修小教:国語 
備考   
ねらいと目標 小学生が基礎学力を形成する上で、国語の授業はすべての授業の基本となる重要な教科である。それは国語科の内容が言語活動の養成にあり、集団や組織の中での意思疎通を育むために必要であること、また言語は算数、理科、社会などにも関連し、すべての教科の理解のためには読解力が必要であるからである。
そこでこの授業では、小学校における国語の授業に関する基礎的な教養、及び専門的な知識を教授する。 
内容  以下の4点を基本において講義してゆく。1、日本語の特徴や音声、表記に関すること。2、漢字、かなに関する基本的な知識と辞書の使い方。3、古典の知識、また和歌や漢詩などいろいろな分野に関すること。4、文章読解における、要点や段落の捉え方など。
 教材論、教育法とは別に、専門的な角度から小学校における国語について考察する。 
テキスト 『国語の授業の基礎・基本 -小学校国語科内容論- 』(東京学芸大学出版会、2014) 価格1,600円+税 ISBN:978-4-901665-34-6 
参考文献 高島俊男著『漢字と日本人』(文春新書、2001)756円
鈴木孝夫著『日本語と外国語』(岩波新書、1990年)819円

 
成績評価方法  期末に行う理解度を評価するための試験。(50点)授業への出席、授業の意欲、発言。(20点)授業のまとまりごとに全部で2回程度レポート提出(1200字程度)。(30点) 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1授業概要説明  国語辞典、漢字辞典の解説 
2第1章 国語の授業と日本語学
1ことばの世界
32日本語学にふれよう

 
43日本語学と話すこと・聞くこと

 
54日本語学と読むこと・書くこと
6第2章 国語の授業と中国古典学
1漢字の世界
72日本語における漢字の意義と役割
83「論語」と日本の漢詩
9第3章 国語の授業と古典文学
1神話・昔話「いなばのしろうさぎ」
103随筆「枕草子」
115俳文「奥の細道」
12第4章 国語の授業と近代文学
1詩の読み方と教え方
132小説・物語の読み方と教え方
143授業にあたって
15まとめ
授業時間外における学習方法 教科書をよく読んで内容を理解しておくこと。 
授業のキーワード 漢字、漢字教育、小学校国語科、日本文化、日本文学、古典文学、近代文学、日本語学 
受講補足(履修制限等) 出席を重視する。やむをえない事情で欠席する場合は、事前または事後に必ずメールか授業の際に直接報告すること。病気、怪我、公的用事など明確な理由があれば考慮する。受講人数の目安を50人程度とする。 
学生へのメッセージ 授業を深く理解してもらうため予習が必要になりますが、将来のために実力をつけたい人の受講を期待します。 
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.