タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 家庭科
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   家庭科研究  
担当教員   南 道子,倉持 清美,森田 みゆき,田中 敬文,萬羽 郁子  
対象学年   3年   クラス   03  
講義室   C204    開講学期   春学期  
曜日・時限   金1   単位区分   必修,選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程学校心理選修小教:家庭、初等教育教員養成課程国際教育選修小教:家庭、初等教育教員養成課程環境教育選修小教:家庭 
備考  対象:A学心/国際/環境 
ねらいと目標 小学校で家庭科を教えるために必要な基本的な知識と実践的・応用的能力を学ぶ。具体的には、家族、食物、被服、家庭経営、住居に関連した複数の分野について、学生が偏りなく知識と実践的・応用的能力を持てるようになることを目標とする。 
内容 家族、食物、被服、住居、家庭経営に関連した複数の分野について、専門的知識を有する教員がオムニバス形式で授業を行う。 
テキスト 「初等家庭科の研究-指導力につなげる専門性の育成」萌文書林 
参考文献 小学校学習指導要領解説 家庭科編 
成績評価方法 担当者ごとにレポート・試験等を実施し,合わせて総合評価とする。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1オリエンテーション:小学校高学年と家庭科(倉持)
2家族:家庭の仕事と生活時間(倉持)
3家族:現代家族の状況(倉持)
4食物:現代の食生活(南)
5食物:栄養と献立(南)
6食物:調理の基礎と調理室の管理 試験(南)
7被服:衣服の着用(森田)
8被服:衣服の手入れ(森田)
9被服:布を用いた製作、環境に配慮した衣生活(森田)
10家庭経営:収入と消費のバランス(電卓を用いる)(田中)
11家庭経営:子どもの消費者問題 (電卓を用いる)(田中)
12家庭経営:消費と環境 試験(電卓を用いる (田中)
13住居:小学校における住生活の学び・住まいの働きと役割(萬羽)
14住居:室内環境とその調整(萬羽)
15住居:住居の管理 (萬羽)
授業時間外における学習方法 授業前後でテキストをよく読み,ワークシートを活用してください。 
授業のキーワード 小学校,家庭科,生活,自立 
受講補足(履修制限等) 割り振られ対象専攻と4年生,B類など割り振られたクラスのない3年生のみ受講可
2年生受講不可 
学生へのメッセージ 小学校家庭科を教えるために必要な専門的な知識を学びます。家庭科は領域が広いので,テキストを上手に活用して自学自習をおこない,不明な点はどんどん質問してください。 
その他 e-ラーニングを使用します。
担当順番は入れ替わることがあります。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.