タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 学校心理
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   中等教育の内容と方法  
担当教員   工藤 浩二  
対象学年   2年   クラス   08  
講義室   S410    開講学期   秋学期  
曜日・時限   金3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択 
備考  対象:A類 
ねらいと目標 学習指導要領改訂など最近の教育界の動向を踏まえつつ,中等教育について学ぶ。
中等教育の授業等に関する現状の課題およびアクティブ・ラーニングなどのキーワード等について理解を深めることが目標である。
本授業での学びを通して,現状と新たな課題の両方を踏まえた上で中等教育を正しく捉えることができるようになって欲しいと考える。 
内容 ・中等教育の授業
・中教審答申にみる中等教育
・中等教育におけるインストラクション技法
・中等教育におけるインクルーシブ教育
・中等教育における各種キーワード等(アクティブ・ラーニングなど) 
テキスト 各回の内容に応じた資料を利用する。 
参考文献 ・学習指導要領
・中教審答申 
成績評価方法 ①共通課題 50%
②グループ課題 20%
③個人課題 30%

①かつ「授業出席10回以上」が単位修得のための最低要件(必要条件)である。ただし,この2つのみでは単位修得は認められず,②や③で加点することが必要である。詳細は初回授業で説明するので,初回授業に必ず参加すること。 
授業スケジュール(展開計画)
内容
1ガイダンス・グループ決め
2中等教育の授業:資料を読み込んでおくこと 
3中教審答申にみる中等教育:資料を読み込んでおくこと 
4中等教育におけるインストラクション技法:資料を読み込んでおくこと 
5中等教育におけるインクルーシブ教育:資料を読み込んでおくこと 
6中等教育におけるキーワード等(アクティブ・ラーニング)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
7中等教育におけるキーワード等(アクティブ・ラーニングのための具体的な技法)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
8中等教育におけるキーワード等(学びの地図)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
9中等教育におけるキーワード等(社会に開かれた教育課程)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
10中等教育におけるキーワード等(カリキュラム・マネジメント)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
11中等教育におけるキーワード等(資質・能力の3つの柱)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
12中等教育におけるキーワード等(キャリア教育)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
13中等教育におけるキーワード等(ICTの活用)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
14中等教育におけるキーワード等(学習評価)と関連する課題:資料を読み込んでおくこと
15中等教育の内容と方法に関するまとめ
授業時間外における学習方法 ・資料を各自でWebclassから取得し,読み込んでおくとともに,検討課題等に対する自分の考え等をまとめておくこと。
・各種課題に取り組むこと。 
授業のキーワード 【扱う予定の内容として】アクティブ・ラーニング,学習指導要領,キャリア教育
【授業形態として】グループ学習,ディスカッション 
受講補足(履修制限等) ・本授業は受講数が多数のため,本来対象となる専攻(選修・コース)や学年以外の学生の履修を認めない場合がある。 
学生へのメッセージ 多人数による授業であるが,学生には能動的な授業参加を求める。特に第6回以降では,学生によるプレゼンテーションやディスカッション等,様々な「動き」を求めることになる。また,事前・事後学習を促すものとしてWebclassの活用も積極的に組み込んでいる。履修者はそのつもりで参加すること。 
その他 ・授業スケジュールは予定であり,実際の履修者の状況等によって変更する場合がある。
・第6回以降の授業で示したキーワード等は予定であり,学生の提案に応じて変更する。
・初回授業でグループ決めをするので,履修予定者は必ず参加すること。欠席した場合,グループはこちらに一任されたものとする。なお,グループ編成は3人を原則とし,やむを得ない場合に限り4人とする。また,同一教科免許取得予定者でグループを編成することが望ましい。
・出席はシステムで管理するため,学生証を必ず持参すること。なお,出席確認には,システム以外の情報は一切考慮しないので,毎回,確実にシステムに記録すること。
・原則として,授業で利用する資料等は事前にWebclassにアップしておくので,各自で取得して授業に臨むこと(授業では配布しない)。 
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.