タイトル「2018年度 教育学部シラバス」、フォルダ「2018年度 教育学部シラバス - 学校教育
シラバスの詳細は以下となります。
科目名   中等教育の内容と方法  
担当教員   高橋 純  
対象学年   2年   クラス   06  
講義室   C303    開講学期   秋学期  
曜日・時限   月3   単位区分   選択  
授業形態   講義   単位数  
受講対象  初等教育教員養成課程英語選修自由選択、初等教育教員養成課程学校教育選修自由選択、初等教育教員養成課程数学選修自由選択、初等教育教員養成課程国語選修自由選択、初等教育教員養成課程環境教育選修自由選択、初等教育教員養成課程音楽選修自由選択、初等教育教員養成課程理科選修自由選択、初等教育教員養成課程ものづくり技術選修自由選択、初等教育教員養成課程美術選修自由選択、初等教育教員養成課程幼児教育選修自由選択、初等教育教員養成課程情報教育選修自由選択、初等教育教員養成課程保健体育選修自由選択、初等教育教員養成課程社会選修自由選択、初等教育教員養成課程国際教育選修自由選択、初等教育教員養成課程学校心理選修自由選択、初等教育教員養成課程家庭選修自由選択 
備考  対象:A類 
ねらいと目標 これからの社会を担う子供たちに求められる資質・能力を育成するために必要な、教育の方法、教育の技術、情報機器及び教材の活用に関する基礎的な知識・技能を身に付ける. 
内容 中等教育の内容と方法について,理論や背景のみならず,授業実践に必要な基礎的な考え方について,事例や演習を通して具体的に学ぶ.このために授業設計法,学習目標やその種類に応じた教育方法,発問等の指導技術,教科書や教材の活用方法,教育でメディアの活用,教育評価と教育方法改善へのフィードバック等について理解する. 
テキスト ○向後千春,インストラクショナルデザイン http://kogolab.chillout.jp/textbook/2012_ID_text.pdf を印刷
○新中学校学習指導要領解説総則編など http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/1387016.htm 
参考文献 ○山口榮一,授業のデザイン,玉川大学出版部 
成績評価方法 授業時に指定された課題提出(50%程度),最終レポート又はテスト(50%).レポートか,テストかは,授業時の課題の提出状況や内容によって決める. 
授業スケジュール(展開計画) 第01回:学級,生徒,教員,教室,教材など授業を構成する基礎的な要件について
第02回:教員の発話などの基本的な指導技術
第03回:教育方法の基礎的理論と実践(インストラクショナルデザインとは何か)
第04回:運動技能のインストラクション
第05回:認知技能のインストラクション
第06回:態度のインストラクション
第07回:授業設計(ニーズ分析とゴール設定)
第08回:授業設計(リソース,活動,フィードバックの設計)
第09回:学習評価
第10回:主体的・対話的で深い学びの実現のために
第11回:中等教育における教育課程の特徴
第12回:中等教育における教育課程の編成
第13回:教育メディア活用の理論と実践事例
第14回:電子黒板等のICTを活用したわかりやすい授業づくり
第15回:よりよい授業づくりを目指して.学習指導案の作成  
授業時間外における学習方法 教科書をよく読み,これまでの自己の経験に照らし合わせて,具体的に検討を行ってみる 
授業のキーワード 教育方法,教育メディア,指導技術 
受講補足(履修制限等) ○教室に入りきれない人数の受講希望があった場合は,やむなく受講制限を行う.
○受講制限が行われる場合,具体的な方法は別途指示するが,計画的に履修計画を立てる観点から,あらかじめ履修登録を行っている学生が優先されることがある. 
学生へのメッセージ  
その他  
Copyright(C) 2013 NTT DATA KYUSHU Co.,Ltd All rights reserved.